0
ファッション&ライフスタイル

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

2017.9.24
0

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

2017.09.24

新丸の内ビルB1Fにある、会員数約40,000人のランニングステーション『MARUNOUCHI Bike & Run』と『リーボック(REEBOK)』がパートナーシップを締結。この夏より、リーボックがプロデュースするランニングを中心としたトレーニングプログラム『Reebok Fitness Running Session』が始まっています。この好立地にあるランステとトレーニングプログラムをご紹介します。

リーボックがプロデュースする『Reebok Fitness Running Session』

昨今のランニングブームの中、リーボックは一線を画したアプローチを続けています。例えば、ブランドミッションは、フィットネスやトレーニングを通じて「自らの可能性を最大限に高めること」。肉体的・精神的により強い人間になることを目指し、それをサポートしているのです。そして、ランニングにおいても、タイムを縮めることを最大の目標にするのではなく、全てのフィットネスのベースを作るための“フィットネスランニング”を提唱しています。

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

アクセス抜群の『MARUNOUCHI Bike & Run(利用料:900円 ※初回のみ会員登録費プラス500円。シャワー:10基、ロッカー:154基、契約シューズロッカー:168個、施設内駐輪スペース:71台 ※契約のみ)』では、仕事の帰りに立ち寄ってトレーニングする方々がたくさんいらっしゃいます。訪れたのは金曜日でしたが、仕事の疲れを酒で流すのではなく、一汗かいて週末を迎えよう、というわけです。

シャワー完備の同施設では、リーボックの新作シューズ・アパレルのレンタルも可能。新作のリーボックシューズが展示されているので、見ているだけでもモチベーションが上がりますね。

毎週、平日の夜に展開されている『Reebok Fitness Running Session(料金:2,900円 ※1セッション・施設利用料込 ※2017年12月31日までは、本プログラムの参加者を対象に施設利用料900円が無料に。さらに、リーボックウェア、シューズ着用で参加費より1,000円OFF。※施設会員登録費500円は別途必要)ですが、こちらは、リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるメニュー。

それも、ランニング専門のトレーナーというわけではなく、揃っているのは、フィットネス界のプロフェッショナルとして活躍する方々。第一線で活躍するトレーナーと共に、ただ走るだけではなく、トレーニング要素を入れたランニングセッションを受けることができるのです。

同プログラムは月ごとに曜日が変わるので、スケジュールはこちらよりご確認ください。

トレーナー・土嶺雄一さんによるダッシュトレーニング

さて、今回の『Reebok Fitness Runnnig Session』のトレーナーは土嶺雄一さんです。元プロバスケットボール選手で、現在は、パーソナルトレーニングからアジリティトレーニングまで、幅広い指導を行っています。非常に明るいトレーナーで、参加者全員と談笑している姿が印象的でした。

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

土嶺さんのトレーニングでは、まず、姿勢の正しさを取り戻すことから始まります。デスクワークやスマホの使いすぎで、私たちの姿勢はつい猫背になりがち。そのままの姿勢だと、なかなか空気を上手に取り込むことができません。前かがみになった上半身では、肺を圧迫してしまうからです。空気を十分に取り込むことは、スポーツをする際に重要になりますよね。長距離を走るランニングも例外ではありません。

また、フルマラソンを走った時に前腿を痛める方も多いかと思います。それは、膝を使って走ってしまっているから。なるべく膝に負担をかけずに走る必要がありますし、筋肉を使ったとしても、足の裏側の大きな筋肉を使った方が、効果的に長い距離を走ることができます。

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

そのためのトレーニングを今回は実施。まずは、ストレッチを兼ねて足上げ。この時に注意したいのは、猫背になって肺を圧迫しないこと。しっかり胸を張りつつ、全身をバネにするように足を上げます。

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

続いて、交互に足を後ろに引いてしゃがむトレーニング。重心を前におきすぎると前腿に負担がかかってしまいます。それではレース後半に負担が溜まって走りきれません。しゃがんだ時に膝が前に出ないように意識、しっかりと腿裏を使いましょう。姿勢も言わずもがな。

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

続いて腿上げのトレーニング。これがまたキツい。リズムをつけながら腿を上げるのですが、男性が片足100回ずつ、女性が片足70回ずつに挑戦するも、30回を超えるあたりから足の感覚がなくなってきます。皆で声を出しながら数字をカウントするのですが、恥ずかしくて自分の殻に閉じこもっていては、目の前の課題を克服できません。初対面同士ではありますが、皆で大声を出して数字をカウントします。

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

皆さんは、前脛骨筋というものを意識したことはあるでしょうか。これはスネの筋肉。そんなところに筋肉が、と驚いてしまいますが、確かにあるのです。

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

この前脛骨筋を鍛えるトレーニングは実に地味。カカトを支点にして、つま先を地面に打つというもの。「100回やればスネがファイヤーします」とは、土嶺さんの言葉。確かに、スネがめちゃくちゃ痛くなります。スネに筋肉があることを実感できました。地味なところにある筋肉を地味なトレーニングで鍛える。なかなか非日常な体験です。

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!
リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

続いて、全身の体重を土嶺さんに預けて、その場で30回の腿上げ。姿勢を意識しながら、腿を上げる。30回を終えると土嶺さんが手を離すので、そのまま20mのダッシュ。もの凄いロケットスタートになるので、見ている人から自然と拍手があがります。

リーボック契約トレーナーと一緒にトレーニングができるプログラムに参加してきた!

最後に、100m以上のダッシュを入れて仕上げ。夜の皇居周辺を本気で走るのはとても清々しく、貴重な体験となりました。以上で、『Reebok Fitness Running Session』は終わり。トータルで90分ほどのトレーニングとなりました。

いつも、なんとなくランニングをしている方には、とても刺激的なトレーニング内容が同プログラムにはあります。タイムを縮めるためのトレーニングも良いですが、“フィットネスランニング”として、筋力アップのためにランニングに取り組んでも良いのでは。一流トレーナーから直接指導を受けられることも、説得力があって良いですね。また、この日は金曜日の開催だったので、お酒を飲まずにトレーニングに注力することは、心身共にコンディションが上がったように感じました。

KEYWORDS
ブランド:

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。