19
ファッション&ライフスタイル

スーツもおしゃれに着こなしたい!新卒におすすめするワンポイントアイテム!

2017.2.16
19

スーツもおしゃれに着こなしたい!新卒におすすめするワンポイントアイテム!

2017.02.16

新社会人として迎える、ドキドキの新生活に備えた新しいスーツに、新しいシューズ。初めて着るかっちりしたスーツに、さらに緊張してしまいそう。そんな気分をリフレッシュするためにも、身に付けるアイテムの柄や形を変えて毎日をフレッシュな気持ちで過ごしてみませんか?今回は、社会人のマストハブアイテムにフィーチャー。さりげないワンポイントアイテムをご紹介します。

ネクタイはセンスの見せ所!

社会人にとって、ネクタイは必要不可欠なアイテムだからこそ、自身のセンスが光るポイントの1つ。一般的なボーダーやストライプではみんなと同じで、就活の時と変わらず味気ない印象になりそう。そこで色や柄など他とは異なるアイテムをチョイスして、個性を出していってみてはどうでしょうか。

色を変えるだけで、印象がガラリと変わる!

最初のチャレンジとして取り入れやすいのが、カラーネクタイ。深めのグリーンやブルー、くすんだピンクなど、ちょっとした個性を出せるアイテムとして複数持っておきたいところ。柄入りのものもありますが、単色でクールにキメれば、営業の商談などでもデキるビジネスマンアピールに繋がって相手に好印象を与えることも。もちろん、スーツやジャケットとの相性が大事ですので、迷った時は店員さんに聞いていろいろアドバイスをもらいましょう。鉄板の組み合わせができれば早い朝でも迷いませんし、ノウハウが吸収できれば襟元で自分らしさを表現できるようになるはずです。

異素材で季節感をアップ

異素材のネクタイを取り入れてみるのもワンポイントテクの1つ。冬にはニット、夏には麻やコットンなど素材を変えるだけ、毎日ルーティーンで過ぎて行くオフィスワークでも、季節を楽しむ事ができます。少しカジュアルな印象なので、プライベートでのおしゃれに取り入れても◎。こだわりのある素材選びをすれば、周りの人からおしゃれな人として見られる日もそう遠くないかもしれません。

【基本の結び方4選】

結び方には基本的に4つのタイプに分かれます。ネクタイの柄、素材、太さによって結び方を変えるのがビジネスマンの嗜みです。基本の結びからシャツの襟の形状とネクタイのタイプに合わせた結びまで覚えれば、シーンごとに異なる表情を見せることができます。

プレーンノット

結び目が小さく、すっきりした印象。基本中の基本の結び方なので、社会人1年目のみなさんにはおすすめです。ベースとしてしっかり結び方を身に付けておくようにしましょう。

ダブルノット

プレーンノットの巻き付けを二重にしたダブルノットは、結び目が少し厚いのが特徴。生地の薄いネクタイや、長めのネクタイにおすすめです。

ウィンザーノット

結び目が大きく、トラディショナルな英国調スタイル。固く結ぶため、型崩れしにくく、ここぞという大切なシーンに適しています。

セミウィンザーノット

ウィンザーノットよりも小ぶりな結び目で、キレイな逆三角形が特徴的。細めのネクタイの場合、結び目が細長くなりがちですが、こちらだとバランスが良い仕上がりになります。

時計はビジネスマンのマストハブアイテム!

スケジュール調整に追われるビジネスマンにかかせないアイテムといえば腕時計。定番の円形のケースも素敵ですが、異なるフォルムを選んでこなれ感を出してみるのもおしゃれへの近道。スーツの袖からチラリと見える時計は、さりげないおしゃれの決め手になること間違いなし!

スクエアタイプでシャープな印象に

おしゃれのワンポイントとしてプラスするなら、スクエアタイプがおすすめ。大人の男性らしい、スタイリッシュさを演出できます。時計は人前で見ることも多いので、こなれ感があった方が仕事がデキると思われるきっかけにも繋がるかもしれません。

文字盤の色で爽やかさをアピール

靴とベルト、時計の色に統一感を持たせるのはビジネスマンの基本。清潔感のあるネイビーのスーツには、ブルーの文字盤でフレッシュさをプラスしてメリハリのあるスタイリングにしてみましょう。他にもゴールドやグリーンなど、遊び心あふれるカラー展開をしている時計もあるので、他の手持ちのアイテムに合わせてバランスよくコーディネイトを組むのも1つの楽しみ方になりそうですね。

ビジネスシーンにはアナログをチョイス

ビジネスシーンではデジタルの腕時計はNGなのが基本。カジュアルな印象を与えてしまい、相手に稚拙だと思われるきっかけになってしまうかもしれません。信頼感を与えるためにも、シンプルなアナログの腕時計を選びましょう。

毎日着るスーツこそ自分なりの着こなしを

毎日を楽しく過ごすためのおしゃれは、さりげなさが基本。先輩や上司の着こなしも参考にしつつ、少しのおしゃれをプラスすれば気分も上がります。まずはワンポイントアイテムから個性を出して、ビジネスマンとしてのファッションテクを身に付けていきましょう。きちんとしなければならないビジネスシーンでも、自分なりのおしゃれにチャレンジしてみてください。

KEYWORDS
テーマ :

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。