12
HOW TO

オンのスーツスタイルにもオフのジャケットスタイルにも活躍する靴とは

2017.2.15
スーツスタイルにもジャケットスタイルにも活躍する靴
12

オンのスーツスタイルにもオフのジャケットスタイルにも活躍する靴とは

就職活動を始める学生さんや新入社員、久しぶりにスーツスタイルになる方にとって、靴選びは大切なイベントです。特に最近ではオフィスカジュアルを楽しむ方も増えており、オン・オフ問わずに幅広く履くことができる靴への注目が高まっています。そこで今回は、スーツに合わせる靴選びのマナーと、オン・オフ共に活用できるヤングオフィスカジュアルに最適な靴をご紹介致します。

スーツに合わせる靴選びのマナーとは

スーツに合う靴といえば革靴ですが、そのデザインや作りは多彩で、シチュエーションによって向き不向きがあります。例えば、カジュアルなデザインの靴はビジネスや冠婚葬祭に合いませんし、スーツでもフォーマルすぎるデザインでは固すぎる印象を与えてしまうことも。
ここではシーンごとに、デザインと色について適するものをご説明しましょう。

デザイン

革靴で注目すべきポイントとして重要なのが、革靴のひもを通す甲の部分とつま先の2カ所です。
甲の部分で代表的なデザインは「内羽式」「外羽式」。内羽式は甲の部分が革と一体になっているデザインで、クラシックな印象を与えます。一方、外羽式は甲の部分の革が独立して出ており、ややカジュアルな雰囲気のデザイン。フォーマルなシーンなら内羽式を、オフィスカジュアルやファッション性の高いスーツスタイル、オフにも活用したいときは外羽式を選ぶと良いでしょう。

つま先部分のデザインで代表的なのが、「ストレートチップ」「プレーントゥ」「ウイングチップ」の3種類。「ストレートチップ」は革靴のつま先に横一文字の切り替えがあるもの、「プレーントゥ」は装飾が全くないもの、「ウイングチップ」はつま先の切り替え部分に翼のようなデザインが施されているものです。ビジネスや冠婚葬祭なら「ストレートチップ」と「プレーントゥ」が適しています。「ウイングチップ」はジャケットなどと合わせたややカジュアルな装いの際に適した靴といえるでしょう。

靴の色は、基本的にスーツの色に合わせます。スーツがダークグレーやダークネイビーなど落ち着いた色合いなら、黒の革靴が適しています。ただし、スーツがグレーやネイビーの場合は少しだけカジュアルな雰囲気のあるダークブラウン系の靴も良いでしょう。 
オフィスカジュアルスタイルでよく見られるチャコールグレーやライトネイビーなど比較的明るめの色合いのスーツには、茶色の靴がおすすめ。企業や業界によって服装の雰囲気はさまざまなので、自身の勤務先や私服をイメージしながら色選びを行いましょう。

オン・オフで活躍するおすすめの靴は?

「マナーを守った上品なオフィスカジュアルスタイルも楽しみながら、オフにもおしゃれに履くことができる靴が欲しい。」そんな方におすすめしたいのがイタリアンブランド『stefanorossi(ステファノロッシ)』のドレス&ビジネスシリーズです。使用素材は全てイタリア製で天然皮革、アッパーの仕上げは熟練された職人が行い、丁寧に作られています。すっきりしたスタイルながらも、クッション性の良いカップインソールを使用しているため履き心地が良く、機能性の高さが魅力です。

stefanorossi

ステファノロッシ PLAIN TOE プレーントゥ SR01422 CUOIO

商品をチェック

こちらはビジネスシーンに活躍してくれるプレーントゥ(SR01422)のデザインです。オンでの使用はもちろんのこと、シンプルで無駄のないデザインはオフのきれいめスタイルに合わせやすく、ジャケットなどの上品なコーデを楽しみたい方にもおすすめです。

stefanorossi

ステファノロッシ S-TIP ストレートチップ SR01423 CUOIO

商品をチェック

つま先のデザインがストレートチップとなっているストレートチップ(SR01423)。ストレートチップのフォーマルな装いに外羽根式のカジュアルさが適度に混ざり、スーツスタイルにもオフのカジュアルスタイルを引き締めるアイテムとしても活躍してくれるデザインです。

stefanorossi

ステファノロッシ SWIRL LACE スワールレース SR01424 CUOIO

商品をチェック

オンのスーツスタイルにもオフのジャケットスタイルにも活躍する靴として、スワール(SR01424)もおすすめです。つま先に向かって2本のステッチが伸びているデザインは、他の靴とは異なるこなれ感を演出でき、スマートカジュアルとして、ジャケットとの相性も抜群です。

オン・オフ使用ならCUOIO(茶色)がおすすめ

このシリーズのカラーはそれぞれ「NERO(黒)」と「CUOIO(茶色)」がありますが、オン・オフでの合わせやすさで選ぶならCUOIOでしょう。どのデザインも、ビジネスシーンでも見劣ることのないドレス感があり、オフのコーデを引き締める品の良さを兼ね備えています。遊び心ある休日ファッションからビジネスシーンまで、さまざまな服装に合わせやすいカラーです。

おわりに

今回は、スーツに合わせる靴選びのマナーと、オンのスーツ&オフのジャケットスタイルに役立つ靴についてご紹介しました。きちんと感のあるビジネスシューズとおしゃれを楽しむオフのドレスシューズ。せっかくオフィスカジュアルを楽しむなら、どちらにも履き回すことができるデザインが良いですよね。
今回ご紹介したオン・オフ共に使用できる賢い1足があれば、スーツやオフィスカジュアルだけでなく、普段のおしゃれがもっと楽しくなるはず。ぜひ、stefanorossiのドレス&ビジネスシリーズをお試しください。

stefanorossiの商品をチェックする

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。