0
ファッション&ライフスタイル

エントリー受付中! 2018年度の『スパルタンレース』は何が変わった!?

2018.3.01
0

エントリー受付中! 2018年度の『スパルタンレース』は何が変わった!?

2018.03.01

DOORではお馴染みの障害物レース『SPARTAN RACE(スパルタンレース)』が、今年も2018年5月19日(土)、東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)にて開催(エントリー受け付け中)。日本では3回目の開催となります。

筋肉自慢が集まる一方、グループなら体力に自信のない方も気軽に参加でき、観客としても楽しめる同イベント。広報担当者に今回のレースの楽しみ方や見どころについて聞いてみました。

スパルタンレースとは?

エントリー受付中! 2018年度の『スパルタンレース』は何が変わった!?

スパルタンレースは、世界39か国で165回以上のレースを展開しており、世界参加者数は100万人以上、年間観客者数30万人以上と、世界的な障害物レースです。

日本では、2017年5月と10月に開催。2回目の10月21日のレースでは観戦者も含めて、それぞれ5,000名以上が来場。スパルタンレース日本限定グッズの販売、飲食ブース、ステージイベントも開催され、大盛況に終わり、今年のレースも同様の盛り上がりが予想されます。

エントリー受付中! 2018年度の『スパルタンレース』は何が変わった!?

今年のスパルタンレースは?

今年のスパルタンレースは、過去2回のレースと違いはあるのでしょうか?広報担当者に聞いてみました。

「レースの種類は『SPRINT(スプリント)』という5kmの一番短いレースになりますので、過去2回開催したレースと変わりません。ただ、スパルタンレースは毎回障害物の順番が入れ替わり、立地を活かしたコース設計など、同じ種類のレースでも全く違うレースに感じると思います」

エントリー受付中! 2018年度の『スパルタンレース』は何が変わった!?

今年の開催地に決まった東京ドイツ村といえば、イルミネーションや広大な敷地の自然が人気の観光スポットです。過去に参加した方も、全く新しいレースに感じることができそうですね。

Sho Takahashiさん(@popoutsider)がシェアした投稿

『SPRINT(スプリント)』は距離約5km以上、障害物約20個のスパルタンレースの中で最も短いレースです。距離が短いとはいえ、障害物に苦戦する参加者の様子はこちら(1回目2回目)からご覧いただけます。

ほかには、距離約10km以上、障害物約25個、タフアスリート向きの『SUPER(スーパー)』、距離約20km以上、障害物約30個と超過酷な『BEAST(ビースト)』があり、世界各地で開催されています。

体力に自信のない人も参加できる!

エントリー受付中! 2018年度の『スパルタンレース』は何が変わった!?

スパルタンレースは筋肉自慢が集まるイメージがあるので、スポーツが得意だとか、体力に自信のある人のほうが向いていますよね?

「全く問題ございません。運動に自信がない方は、チームで参加されることを強くお勧めします。オープンレースであれば、チーム登録を頂ければ仲間と一緒に協力して障害物をクリアすることができます。スパルタンレースは、チーム参加を歓迎しており、一番人数が多かったチームはBiggestチームとして表彰され、専用テントが提供されます」

人数は多ければ多いほど楽しそうですね。体力に自信がなくても、チームでワイワイ参加すれば、やり遂げられそうな気がしてきます。

エントリー受付中! 2018年度の『スパルタンレース』は何が変わった!?

でも、他にはないレースだけに、どんな障害物が出てくるのか不安……という方もいるかと思います。

「障害物は当日まで公表されませんが、いくつかの障害物には、攻略動画がございます。また、ワークアウトイベントでは、障害物をクリアするために必要なトレーニング方法など、スパルタンならではのプログラムも多数ございます。ワークアウトイベント情報や障害物の攻略動画はサイトからご確認頂けます」

エントリー受付中! 2018年度の『スパルタンレース』は何が変わった!?

ワークアウトイベントの様子

当日の楽しみ方を教えて

最後に、大会全体の楽しみ方を広報担当者に聞きました。

「来場された全ての方は、フェスティバルエリアで行われる体験アクティビティや、ステージプログラムなどをお楽しみいただけると思います。
 
またレース参加者の方なら、世界各地で行われるスパルタンレース3種類のレース(スプリント、スーパー、ビースト)を、年間で全てクリアすると特別にもらえるトライフェクタメダルの獲得を目指してみるのも楽しみ方の1つだと思います。

まずは観戦してみたいという方も、障害物の間近にある観戦エリアで応援したり、フェスティバルエリアでは、体験アクティビティ、グッズ販売、キッチンカーなど、楽しめる場はたくさんあります」

エントリー受付中! 2018年度の『スパルタンレース』は何が変わった!?

また、もっと深く大会に関わりたいという方には、ボランティアがオススメ。

「スパルタンレースではボランティアは欠かせない存在です。レース当日は主にレース運営に携わって頂きます。受付、クローク、給水ポイント、障害物スタッフ、フィニッシュラインでメダル等の受け渡しなど、ランナーの方との接触ポイントも非常に多くございます。ランナーとハイタッチするなど、一体になって楽しんでいる方が過去のボランティア参加者には多いです」

スパルタンレースには、上位を目指す楽しみ方、チームで達成感を得る楽しみ方、ボランティアや観客として、ランナーを間近に感じる楽しみ方など、様々な楽しみ方があることが分かりました。

来る5月19日(土)、あなたはどのようにレースに参加しますか?

エントリー受付中! 2018年度の『スパルタンレース』は何が変わった!?

取材協力/画像提供:クロススポーツマーケティング株式会社
info / 大会概要
大会名称:『Spartan Race Japan -Chiba Sprint/Kids-』
主催:クロススポーツマーケティング株式会社 / SPARTAN RACE
開催日:2018年5月19日(土)
開催場所:東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市永吉419)
開催レース:
SPRINT(距離約5km以上、障害物約20個)
KIDS(12歳以下)
参加費:
SPRINT:エリート 17,000円 (税抜)/エイジ15,000円(税抜)/オープン(午前) 14,500円(税抜)/オープン(午後) 13,000円(税抜)
KIDS (12歳以下):5,000円(税抜)
SPECTATOR (観客):事前申込み 3,000円(税抜)/当日支払い 3,500円(税込)
※別途、保険料と大会エントリー手数料 を申し込み時にお支払いいただきます。
※エリートは、男女それぞれ上位3名が賞金をもらえるレースカテゴリーです。
※エイジは、2018年より新設されたカテゴリーで各年代ごとに競うタイムレース(賞金なし)です。
完走特典 :完走Tシャツ、記念メダル
大会HP

KEYWORDS
ブランド:

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。