0
ファッション&ライフスタイル

東京・新宿から約120分で到着するグランピング 施設『Circus Outdoor TOKYO』で、“非日常”を堪能!

2018.3.22
0

東京・新宿から約120分で到着するグランピング 施設『Circus Outdoor TOKYO』で、“非日常”を堪能!

2018.03.22

インスタや雑誌で見かけることはあるけれど、まだまだ体験したことがないという人が多いグランピングが、東京・奥多摩にオープン! 新宿から120分で行けて、アクセスが便利なので、週末に気軽にトライできるのではないでしょうか。ということで、大注目の『Circus Outdoor TOKYO』をご紹介します!

近ごろ話題のグランピングとは?

そもそもグランピングとは、グラマラスとキャンプをミックスした造語で、ホテルのような快適な設備の中、キャンプのように大自然を満喫できるという、いいとこ取りのキャンプのことなんです。大きな荷物を持ったり、テントを張ったり、がんばって火おこしして料理する……なんてことも必要ないので、アウトドア初心者でも思いっきり楽しめますよ!

Circus Outdoor TOKYOって?

東京・新宿から約120分で到着するグランピング 施設『Circus Outdoor TOKYO』で、“非日常”を堪能!

日本一予約が取れないといわれるほど、大人気のフィールド施設を手がけるCircus Outdoorのグランピング施設。“東京にある秘密の森に、世界一美しいアウトドアフィールドを作る”という目標を掲げているだけに、そのクオリティはお墨付き! これまでのキャンプや自然といったイメージがガラリと変わる、新しい体験が味わえるはずです。

Circus Outdoor TOKYOで何もしない贅沢を味わってみる

東京・新宿から約120分で到着するグランピング 施設『Circus Outdoor TOKYO』で、“非日常”を堪能!

Circus Outdoor TOKYOは、“何もしないことをする”というのがコンセプトのひとつ。スマホはちょっとお休みして、風に揺れる葉の音に耳をすませたり、草木の香りを楽しんだり、ただただぼんやりすることで、何もしない時間の贅沢を体で感じることができるのではないでしょうか。大切な人にゆっくり手紙を書いたり、読書をしたりするにも最高のロケーションです。

広報企画・向山茂さんのオススメポイント①『時間がスローモーション』

向山:チェックイン時に、携帯電話などデジタルデバイスをお預けいただくので、デジタルデトックスを体験いただけます。特に携帯電話が時間の進行に及ぼす影響は大きく、スマホを置いたその瞬間から時計の針はゆっくりと時を刻み始めるのを感じていただけると思います。

オシャレなテント泊を満喫する

東京・新宿から約120分で到着するグランピング 施設『Circus Outdoor TOKYO』で、“非日常”を堪能!

サーカスをコンセプトにしたテントは「これがテント!?」と感激する人が続出! ベッドのほか、イスやテーブルまで、まさにホテル並みに設備が充実しています。さらに、5つあるテントは“サーカスクルーの控え室”、“サーカス団の衣装チームの楽屋”など、それぞれに楽しいテーマが。テントなので、もちろん外とは布一枚で区切られているだけ。大自然を感じながら、快適な時間を過ごすことができますよ。

広報企画・向山茂さんのオススメポイント②『絵になる』

向山:大自然の中にポツンポツンと点在する客室はそれぞれ個性的な内装で、それが自然と混ざり合うことによって不思議な空間が完成いたします。写真が苦手な方でも、きっと素晴らしい写真が撮れることと思います。

星空の下でのディナーに舌鼓をうつ

東京・新宿から約120分で到着するグランピング 施設『Circus Outdoor TOKYO』で、“非日常”を堪能!

Circus Outdoor TOKYOが位置する奥多摩は、満点の星空が広がるロマンチックな場所。そんな絶景のロケーションのなか、一流ホテルで修行を積んだ腕利きシェフの料理が堪能できます。Circus Outdoor TOKYO内にある『Restaurant OTTO』のシェフ君塚さんは、極寒の地から灼熱の地まで、旅をしながら訓練したというグランピング専門のシェフ。世界中から集めた珍しい食材と地元の食材をミックスしたレシピはどれも絶品です! 更に、一皿一皿に込められたストリーと素材についてシェフが自ら説明してくれ、ディナータイムを盛り上げてくれます。

キャンプファイヤーで、ゆっくり語らう

東京・新宿から約120分で到着するグランピング 施設『Circus Outdoor TOKYO』で、“非日常”を堪能!

炎のゆらぎは、眺めているだけでいやし効果があるのだとか。パチパチと薪が燃える音をBGMに、他愛ない会話を楽しむのもオススメです。自然の中でしか体験できない雄大な空気と、大事な人との大切な時間を心ゆくまで味わってくださいね!

広報企画・向山茂さんのオススメポイント③『信じがたい東京』

向山:Circus Outdoor TOKYOは、国が自然の保護管理を行う、秩父多摩甲斐国立公園内にあり、多くの人が考える東京とはかけ離れたダイナミックな大自然が広がっています。眼下には東洋一の美しさと称される世界最大級の人工湖、奥多摩湖が広がり、ゲスト方の心を鷲掴みに!

INFO / 取材協力:Circus Outdoor TOKYO(サーカスアウトドア トウキョウ)
住所 / 東京都西多摩郡奥多摩町川野290-1
定休日 / 火曜
予約開始 / 2018年2月
グランドオープン / 2018年3月
ホームページ / インスタグラム
問い合わせ先 / info@circusoutdoor.com

グランピングに合う靴は?

オシャレなグランピングには『ダナー(DANNER)』の大人アウトドア靴がオススメ!

こだわりのテントに素敵なディナーも堪能できるオシャレなグランピングには、スニーカーよりタフなアウトドア系ブーツが頼りになります。ブラック系なら汚れも気になりにくくて実用性も◎。

DANNER

レディース【DANNER】ダナー WS DANNER LIGHT III VIRGINIA W ウィメンズ ダナーライト 3 ヴァージニア 33266 BLACK/BLACK

商品をチェック

DANNER

レディース【DANNER】ダナー ワークブーツ Ws.Mt.RIDGE LOW CRISTY マウンテンリッジ ロー クレッターリフト DL8407 15SM BLACK

商品をチェック

グランピングは、暖かくなるこれからの季節にぴったり! いつもと違った週末を過ごしたい人、心のデトックスしたい人、手軽に自然を楽しみたい人など、気になった方はぜひチェックしてくださいね。

KEYWORDS
テーマ :
アイテム:
ブランド:

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。