0
ファッション&ライフスタイル

<Bリーグ×ファションの密な関係 Vol.3>サンロッカーズ渋谷:杉浦佑成選手「でかい人がダボっとした服着ると、マジででかく……(笑)」

2018.5.07
0

<Bリーグ×ファションの密な関係 Vol.3>サンロッカーズ渋谷:杉浦佑成選手「でかい人がダボっとした服着ると、マジででかく……(笑)」

2018.05.07

2年目を迎えてますます盛り上がるBリーグ。そろそろBリーグ2年目チャンピオンのゆくえも気になるころ。今回は、1か月に10試合以上をこなす忙しいリーグの合間をぬって、サンロッカーズ渋谷の杉浦佑成選手に、プライベートファッションについてインタビューしました。杉浦選手は高校時代から日本代表選手として活躍し、2017年末にサンロッカーズ渋谷に入団したルーキー。即戦力として期待されています。

杉浦選手の身長は、196cm。足が長く、鍛えた体は筋肉質で無駄な贅肉のない誰もが羨む格好いい体型ですが、バスケットボール選手ならではのファッションの苦労もあるようです。

<Bリーグ×ファションの密な関係 Vol.3>サンロッカーズ渋谷:杉浦佑成選手「でかい人がダボっとした服着ると、マジででかく……(笑)」

“毎日ジャージ”の大学生活から一転した、プロバスケ選手の暮らし

――高校時代から日本代表として活躍されていた杉浦選手。これまで多くの取材を受けてきたと思いますが、ファッションの取材は初めてなんですね。『DOOR』が、杉浦選手人生初のファッション取材とは光栄です。

「大学では、練習が休みの日も体育館に行ってバスケをする生活だったし、茨城の田舎のほうにある筑波大学だったので、ファッションを気にすることがなくて、毎日ジャージばかり着ていました。普段から、私服を着ることがほとんどなかったんです。私服の取材がきたと聞いて、“まじか。やばいな……!”と思いました(笑)」

――そんな“やばい”状況のなか選んだのが、チェックのシャツと黒のパンツなんですね。落ち着いた雰囲気のコーディネートです。

「派手すぎなくて、どこかに品の良さを感じられるファッションが好きなので、自然と落ち着いた色の服を選んでいます。今日はラコステ(LACOSTE)のシャツです。ラコステとかトミーヒルフィガー(Tommy Hilfiger)は、品の良さがあると思うのと、僕の体格でも入るサイズがあるので好きです」

――パンツはどこのブランドですか?

「エドウィン(EDWIN)です。僕は骨太なうえに太ももを鍛えているので、足がとても太くて。なかなか入るパンツがない。持っているパンツは、デニムやスウェットが多いです」

<Bリーグ×ファションの密な関係 Vol.3>サンロッカーズ渋谷:杉浦佑成選手「でかい人がダボっとした服着ると、マジででかく……(笑)」

――確かに、杉浦選手は身長が196センチで、鍛え続けたがっちりした体格なので洋服選びは大変そうですね。

「かなり大変です。気に入ったアイテムがあっても、そもそも僕に合うサイズを作っていないブランドも多くて、買う店が絞られてきます。ショッピングに行っても、どの店にもサイズが無いからだんだん買い物が億劫になってきてしまいます」

――いわゆる“Bボーイ”のような、シルエットがだぼっとしたアイテムだと、もう少しサイズが見つかりやすいかもしれません。そっち系は着ないんですか?

「でかい人が、だぼっとしたでかい服を着ると、まじででかくなりませんか(笑)。なんか大きい……! と自分で思ってしまうので、Bボーイ系に踏み出す勇気は今のところないです。もともと、派手な格好が好きではないというのもあります」

<Bリーグ×ファションの密な関係 Vol.3>サンロッカーズ渋谷:杉浦佑成選手「でかい人がダボっとした服着ると、マジででかく……(笑)」

――サンロッカーズ渋谷には、満原優樹選手(198cm)、広瀬健太選手(193cm)など、杉浦選手と似た身長の選手がいます。先輩たちのファッションは参考にしますか?

「先輩たちの服装をかっこいいなと思うことはあります。広瀬さんは、大人の余裕がファッションににじみ出ているというか、おとなしい色の服だけど靴はちょっと可愛い変わったものを履いたりしていて、遊び心があるなと思います。ミツさん(満原選手)も広瀬さんも、オシャレで参考にしたいけれど、僕はまだ入団したばかりだし、2人とは持っているお金が違う……(笑)。買い物に連れて行ってもらってアドバイスをもらうのは、これからやってみたいです」

品が良くて、痛くないものを! 30センチのシューズ選び

――今日のシューズは、『ホーキンス(HAWKINS)』のワラビーブーツです。これを選んだ理由は?

「シャツをラコステにしたので、ホーキンスも良いかなと思って履いてきました。このチャッカブーツは、色が好きで買いました。持っている服に似た色が多いんです。あとは、スニーカーよりも品の良い雰囲気が出るかなと思って。服もシューズも濃い色が多いです」

<Bリーグ×ファションの密な関係 Vol.3>サンロッカーズ渋谷:杉浦佑成選手「でかい人がダボっとした服着ると、マジででかく……(笑)」

――きちんと“好青年感”出ています! 杉浦選手は、プライベートでバッシュは履きますか?

「僕は履かないです。バッシュはバスケットボール用のシューズだし、外でバッシュを履くことをあまり格好いいと思わないんです。昔からずっと履いているからかな……? 外履きすると変な感じがするんです。あと、ソールが反っていて、プライベートで履くには、形があまり好きではないというのもあります」

――足のサイズは30センチなんですね。プライベートのシューズ選びも大変そうです。

「そうなんです! 30センチのシューズは、普通の靴屋さんにはあまり売っていないんです。それに、僕は足の小指の骨が出っ張っていて足幅が広いから、シューズの生地が硬いと足が痛くなる。最近は、『ナイキ(NIKE)』のフライニット<FLYKNIT>というニット生地のシューズが柔らかくて足が痛くならないので、よく履いています」

<Bリーグ×ファションの密な関係 Vol.3>サンロッカーズ渋谷:杉浦佑成選手「でかい人がダボっとした服着ると、マジででかく……(笑)」

――試合では、ナイキKD10を履いています。KDを選んだ理由は?

「最近の試合はずっとKDで出ています。見た目が好きなのと、クッション性が良いから選びました。試合のシューズは、一度良いと思ったら何度も同じものを履きます。シューズはあまり変えず、KD9の時からずっと色違いで履いています」

――足元ファッションのこだわりはありますか?

「プライベートでは、例えば短パンを着ているときは、なるべく生地が見えないように、くるぶし丈のソックスにするとか、シューズとソックスの長さは気をつけます。僕はナイキにスポンサーをしてもらっているので、ナイキのシューズのときはナイキのソックスで合わせます。

試合では、めちゃめちゃ格好をつけようとは思わないけれど、ダサいよりはシュッと見えていたいので(笑)、パンツとソックスの丈は気にします。僕は足が太いから、ふくらはぎまであるソックスを選んで、足の太さが目立たないようにしています」

<Bリーグ×ファションの密な関係 Vol.3>サンロッカーズ渋谷:杉浦佑成選手「でかい人がダボっとした服着ると、マジででかく……(笑)」

――最後に読者の皆さんへ、杉浦選手が注目してほしいプレーを教えてください!

「シュートを決めるので見ていてください。特に3ポイントシュートには自信があります。ルーキーらしくフレッシュなプレーをしていきます!」

初めてのファッション取材ということでしたが、どんな質問もじっくり考えて、伝わるまできちんと回答してくれた杉浦選手。派手なプレーよりも、黙々と点を取っていく心強いプレースタイルと似ているように感じました。社会人になって、環境もメンバーも変わった状況のなかで、杉浦選手はこれからどんなプレーを見せてくれるのか楽しみです。皆さんも、杉浦選手のユニフォーム姿を見に体育館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

この日の杉浦佑成選手のスタイル

<Bリーグ×ファションの密な関係 Vol.3>サンロッカーズ渋谷:杉浦佑成選手「でかい人がダボっとした服着ると、マジででかく……(笑)」

トップス:LACOSTE
パンツ:EDWIN
シューズ:HAWKINS

INTERVIEW / TEXT:石川歩
PHOTO:野呂美帆

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。