32
ハウツー&ノウハウ

あなたの「革靴」は何の革?ビジネスシューズの革の種類とその特徴

2017.2.23
ビジネスシューズの革の種類
32

あなたの「革靴」は何の革?ビジネスシューズの革の種類とその特徴

2017.02.23

いつもビジネスシーンにおいて何気なく身につけている革靴ですが、どのような動物を原材料にしているかによって靴に豊かな個性がでてきます。

今回は、そんなビジネスシューズによく使用される革の種類と、その特徴についてお伝えします。自分好みのテイストでシューズを探す際は、ぜひ参考にしてください。

皮から革へ変わる過程

あなたの「革靴」は何の革?ビジネスシューズの革の種類とその特徴

ビジネスシューズの素材として使用される「革」とは、動物の「皮」を加工したものです。日本語ではどちらも同じ“かわ”ですが、皮は「skin(スキン)」・革は「leather(レザー)」として区別されています。

皮が革へと変わる過程では、動物の体から取った皮に、なめし加工が施されます。靴のなめし加工では「皮」に塩喜性硝酸クロム塩という化合物を用いて劣化を抑え、柔らかくて強い素材である「革」へと変化させているのです。

革の種類と特徴

あなたの「革靴」は何の革?ビジネスシューズの革の種類とその特徴

ビジネスシューズに用いられる革の種類と、それぞれの特徴をご紹介します。

牛革

「牛革」は、革の代表的な素材として知られています。強度があり美しく、シューズ以外の革製品にも多く用いられてきました。そんな牛革は、牛の年齢や雌雄などの違いによって、細かく分類されています。

カーフスキン
「カーフスキン」は、牛革の中でもっとも高級な部類にランク付けされる素材です。生後6ヶ月以内の仔牛から取れる皮を加工しており、きめ細やかで柔らかい質感が特徴です。こちらは最高級のシューズに使用されます。

キップスキン
カーフスキンと同じく仔牛の革で、生後6ヶ月~1年以内の仔牛から取れるものを「キップスキン」と呼びます。薄くて丈夫な牛革で、こちらもまた高級製品に用いられます。

ステアハイド
牛革の靴といえば、一般的に「ステアハイド」が使用されています。生後3~6ヶ月で去勢された満2歳以上のオスから取られる素材で、比較的柔らかめの質感が特徴です。

豚革

豚革は、他の革と比較しても特に通気性の良い素材として知られています。その理由は、革の表面に点々と“3つの小さな穴”があるためです。これは元々、豚の硬い体毛が生えていたことによる特徴です。ビジネスシューズにおいて豚革は、裏地などに使用されることが多くあります。素材を柔らかくしたり、半透明にしたりと加工しやすい点も人気の理由とされており、さまざまなデザインの製品に対応します。

豚革はランクの低い素材とみなされることもありますが、質の高い豚革に加工を施してあめ色に仕上げる「アメ豚」は、高級素材として知られています。中には、カーフスキン以上の価値を見出されるものもあるようです。

馬革

馬革は、ビジネスシーンで活躍する革靴にも使用される素材のひとつで、一部の農耕馬のさらにお尻部分という、わずかな部位からしか採れない「コードヴァン」と、それ以外の部位から採れる柔らかな「ホースレザー」の2つに分けられます。希少なコードヴァンを用いたビジネスシューズは、光沢が美しく、身につけた際にでる皺も魅力的です。一方のホースレザーは、柔らかさのある素材のため靴の裏革としても使用されます。

その他さまざまな靴に用いられる革の種類

馬・牛・豚の他にも、さまざまな革の種類があります。たとえば、女性人気の高いムートンブーツには、柔らかい羊皮が使用されています。ビジネスシーンでの着用は難しいでしょうが、ワイルドなワニ革の靴は上級者のファッションに登場します。時間が経つとともに変化していく蛇革は、インパクトが大きくかつ意外にも丈夫な革です。こだわりのビジネスシューズとともに、プライベートでは個性的な革靴を楽しむのも良いでしょう。

おわりに

今回はビジネスシューズによく使用される革の種類と特徴についてお伝えしました。革には、高級素材として知られるものから機能性の高いものまで、さまざまな個性を持ったものがあります。定番の高級路線を狙うのも、あるいは通気性にすぐれた素材にするのも、あなた次第です。ぜひお好みの革靴を見つけて、ビジネスシーンをファッションという観点からもお楽しみください。

KEYWORDS
テーマ :
アイテム:

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。