0
ファッション&ライフスタイル

あえてのオールブラックに挑戦!! 夏でも重たくならないメンズコーデ5選

2018.6.29
0

あえてのオールブラックに挑戦!! 夏でも重たくならないメンズコーデ5選

2018.06.29

重たい印象があることから、夏には敬遠されがちなオールブラックコーデ。モードな雰囲気にまとまりやすく、幅広いスタイルを楽しむにはふさわしくないようにとらわれがちです。しかし、全身ブラックのスタイルでも、合わせ次第では様々なコーディネートを作り上げることができます。

ここでは、夏にも着こなしやすいオールブラックコーデを紹介します。これからの季節、スタイルの幅を広げるためにもぜひチェックしてみてください。

(1)レーヨン素材を使って、夏のブラックコーデを軽やかに

あえてのオールブラックに挑戦!! 夏でも重たくならないメンズコーデ5選

出典:wear

リブの付いたレーヨン素材のオープンカラーシャツなら、夏の暑い時期でもブラックをライトに着こなすことができます。シャツの肩に付けられたホワイトのリブと、足元のコンバースのホワイトを合わせることで、コーディネートに立体感をメイク。

テーパードの効いた細身のパンツのおかげで全体にスッキリ感もプラスし、ニット帽でほんのり爽やかさも。シンプルなのに、どこかこだわりを感じられる、夏のブラックコーデの好例です。

(2)トレンドを加味した、モードの雰囲気あふれるスタイル

あえてのオールブラックに挑戦!! 夏でも重たくならないメンズコーデ5選

出典:wear

ハーフジップのトップス、小さめのショルダーバッグ、腰から垂らしたロングベルト。トレンドのアイテムをふんだんに使用したこのブラックコーデは、今季もっともオススメしたいスタイルと言えるでしょう。

足元にはシャークソールのレザーサンダルを合わせて、モードテイストを後押し。こだわりの小物使いがキラリと光るブラックコーディネートです。

REEBOK

リーボック BEATNIK ビートニック CN3732 18SP BLK/BLK

商品をチェック

(3)抜群のスタイルを演出するのは、シルエットとタックイン

あえてのオールブラックに挑戦!! 夏でも重たくならないメンズコーデ5選

出典:wear

アイテムの組み合わせ自体は、カットソー×スキニーパンツというシンプルなもの。ただ、ここで他との差別化を演出しているのがシルエット。ビッグシルエットのTシャツをあえてタックインすることで、全体をVラインシルエットにまとめています。

また、腰につけたリングアクセサリーもアクセントのひとつ。足元にブラックを持ってきているのにも関わらず重たく見えないのは、足首を見せてメイクした抜け感のおかげ。

VANS

ヴァンズ OLD SKOOL PRO オールドスクール プロ VN000ZD41OJ 16SP BLACKOUT

商品をチェック

(4)ブラックコーデをフレッシュにする、ショート丈の魅せ方

あえてのオールブラックに挑戦!! 夏でも重たくならないメンズコーデ5選

出典:wear

こちらは、ずっしりと重たく見えがちなブラックコーデを、目新しくフレッシュに見せるショート丈使いの好例。膝が見えるほどのショートパンツは、脚長効果も。太すぎず細すぎず、程良くジャストサイズのシルエットを採用することで、シンプルかつこだわりの見えるスタイルに仕上がっています。シンプルな合わせであっても、決して物足りない印象は無い、お手本的コーディネート。

(5)単調になりがちなブラックコーデに、色を添えるレイヤード

あえてのオールブラックに挑戦!! 夏でも重たくならないメンズコーデ5選

出典:wear

5分丈のワイドカットソーに、スキニーパンツを合わせたブラックコーデ。それだけだとシンプルすぎて味気ないですが、カットソーのインナーにホワイトを一点挟むだけでメリハリが生まれ、新鮮なコーディネートになります。

長めのネックレスで、ワンポイントをプラスしたのもアクセントのひとつ。足元にはシンプルなレザーシューズをオン。

Dr.Martens

3EYE GIBSON SHOE 3ホール ギブソン シューズ 11838002 BLACK

商品をチェック

最後に

その合わせにくさから敬遠されてしまいがちなブラックのアイテム。夏場は一層避けられがちですが、合わせ方を工夫すれば、オールブラックであっても幅広いファッションを楽しむことができます。いわば、たかがブラック、されどブラック。その奥深い世界を知って、これからの季節のコーディネートをもっともっと楽しんでみましょう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。