0
ファッション&ライフスタイル

<スニーカーで通勤する、あの人の朝の過ごし方 vol.3>ストリートブランドNERDUNIT JAPANのCEO松岡那苗さんの24時間働くスタイルとファッションへの強いこだわり

2018.7.20
0

<スニーカーで通勤する、あの人の朝の過ごし方 vol.3>ストリートブランドNERDUNIT JAPANのCEO松岡那苗さんの24時間働くスタイルとファッションへの強いこだわり

2018.07.20

2017年10月からスポーツ庁がスタートさせた、歩くことを楽しく、健康的なものにしようという取り組み『FUN+WALK PROJECT』。DOORでは、施策のひとつであるスニーカー通勤に着目し、スニーカーでカジュアルに通勤しているさまざまな職業のひとに朝の時間の使い方や通勤時のこだわり、日々のルーティーン、通勤ファッションなどについてインタビューしていきます。

今回は、サンフランシスコ発のストリートブランドとして注目されている、ナードユニット ジャパンのCEOである松岡 那苗さんにインタビュー。フレキシブルなワークスタイルにおける朝の時間の使い方、ストリートブランドならではのスニーカーに対する想いについて伺いました。

<スニーカーで通勤する、あの人の朝の過ごし方 vol.3>ストリートブランドNERDUNIT JAPANのCEO松岡那苗さんの24時間働くスタイルとファッションへの強いこだわり

<スニーカーで通勤する、あの人の朝の過ごし方 vol.3>ストリートブランドNERDUNIT JAPANのCEO松岡那苗さんの24時間働くスタイルとファッションへの強いこだわり

松岡 那苗(まつおかななえ)
NERDUNIT JAPAN 代表取締役。外資系ハイブランドのデジタル事業担当を経て独立。NERDUNITはサンフランシスコ発のモードストリートブランド。現在原宿に日本一号店を展開している。Instagram

起きたらまず、ベッドの中でメールをチェック

――起床時間は何時くらいですか?

日によってバラバラです。仕事がフレキシブルなので、夜の10時や夜中の2時に起きるときもあるんですよ。基本的に寝るのは4時ごろで、大体朝10時には起きます。

――超フレキシブルですね。朝起きて、最初に何をしますか?

いきなりですけど、まずはベッドの中でメールをさばきます。1時間くらいである程度まで片付いたら、お茶かコーヒーを淹れて飲んで、また少し作業します。シャワーを浴びて、また戻って作業してから出勤。夜はだいたい会食があるから、朝は食べずにブランチでまとめちゃいますね。

<スニーカーで通勤する、あの人の朝の過ごし方 vol.3>ストリートブランドNERDUNIT JAPANのCEO松岡那苗さんの24時間働くスタイルとファッションへの強いこだわり

――起きてすぐ仕事、自分の身支度は後回しというのはあまり聞いたことがないです。

シャワーやメイクは5分でできるので先にメールとSNSの運用作業を優先しちゃいますね。SNSについては本社から届いている写真をチェック、日本アカウントでどれを使うのかを判断した上でその日に投稿できるよう担当の子に渡すところまでの作業をしています。

――まさに仕事人…。松岡さんにとって朝はどういう時間ですか?

「一日の始まり」という感覚はあまりないですね。仕事の関係で夜中に起きることもあるので、どちらかというとブレイクタイムは夕方なんです。朝は仕事の続きって感じかな。

<スニーカーで通勤する、あの人の朝の過ごし方 vol.3>ストリートブランドNERDUNIT JAPANのCEO松岡那苗さんの24時間働くスタイルとファッションへの強いこだわり

松岡さんの朝のテンション・気持ちを表した図。仕事のことで頭がいっぱいになっているご様子。

バスなら通勤時間も仕事ができる

――普段の通勤手段は?

80%くらいはバスですね。家のすぐ近くのバス停から1本で渋谷や新宿まで行ける便が出てるんですよ。電車だとすぐに乗り換えだったり席に座れなかったりということが割とあるじゃないですか。バスなら座っているだけでつきますし、その間仕事に集中できるので…(笑)。

――通勤中もお仕事されるんですか(笑)。基本的には毎日外回りを?

はい。渋谷あたりで打ち合わせがあったら、その後お世話になっている芸能事務所や出版社に寄ったり、ストアを覗きに行ったり。原宿で打ち合わせがあればバスやタクシーで移動して、また渋谷で仕事があれば戻って、最後はバスで帰ります。

<スニーカーで通勤する、あの人の朝の過ごし方 vol.3>ストリートブランドNERDUNIT JAPANのCEO松岡那苗さんの24時間働くスタイルとファッションへの強いこだわり

――通勤以外でバスを使うことは?

仕事の移動もですが、休みの日も使います。地下鉄を否定するわけではないんですが、できる限り地下は避けたいという気持ちがあるかも。一応ブランドを背負っているので、あまり通勤で人に会わないようバスを選んでいる部分もありますね。

<スニーカーで通勤する、あの人の朝の過ごし方 vol.3>ストリートブランドNERDUNIT JAPANのCEO松岡那苗さんの24時間働くスタイルとファッションへの強いこだわり

自分たちのブランドの服を着てくれている姿を見るのがやりがい

――松岡さんの具体的なお仕事内容は?

一言で言うと、ブランドマネジメントです。会社としてブランドがどこに行くべきかを考えて、イベントやタイアップを組んでいます。それに加えて、ストアがちゃんと回ってるかをコントロールしたり、オンラインストアの運営について考えたり。日本オリジナルのアイテムを作るときも、こちらから提案しに行きます。

――グローバルブランドだけに大変そうですね…。

繁忙期は忙しいですね。渋谷でポップアップショップをした数日後に原宿、そのまた数日後に東京コレクションと、イベントが立て続けに入ったときはハードでした。当時はまだブランドが日本に上陸しておらずオンライストアだけだったので、いきなり本国から商品が届いてバタバタで…。思い出したくないくらい忙しかったです(笑)。

<スニーカーで通勤する、あの人の朝の過ごし方 vol.3>ストリートブランドNERDUNIT JAPANのCEO松岡那苗さんの24時間働くスタイルとファッションへの強いこだわり

――マネジメントから準備まで、本当に幅広くお仕事されているんですね。どんなときにやりがいを感じますか?

やっぱり、街中で自分たちの服を着てくれている姿を見たときかな。それと、アーティストの方たちが衣装として選んでくれたとき。アーティストになると写真や動画での映え方を考えてくれるので見ていてとても嬉しくなります。
次ページへ:最新トレンドを発信し続ける、松岡さんなりのファッションのこだわりは?

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。