0
シューズ

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

2017.2.23
0

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

2017.02.23

「一度履いたら最後、そのシューズの虜になる」
そんなシューズやブランドが皆さんにはあるでしょうか?
この質問をされた時、私は自分自身のことではなく、あるブランドの愛好者たちのことを思い出します。そのブランドは『パトリック(PATRICK)』です。何故なら彼らはパトリックのスニーカーを履いて来店され、パトリックを試着し、そしていつも満足そうにパトリックをお買い上げになるからです。
何が彼らを夢中にさせるのでしょうか?今回はそんなパトリックの魅力を語りたいと思います。

パトリックの歴史

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

1920年頃の工場の様子。

その歴史は1892年、西仏のプソージュ村で「パトリック・ベネトー」が靴作りを始めたことに端を発します。
当時、新しいスポーツとして世界に広まりつつあったサッカー。そのシューズにいち早く目を付けたのもパトリックでした。サッカーシューズ以外にも様々なカテゴリーのシューズを生産していたパトリックでしたが、やはり一番力を注いでいたのはサッカーシューズのようです。1980年代に活躍したサッカー・フランス代表の「“将軍”ミッシェル・プラティニ」も愛用していました。ちなみに彼がトレーニング用として使用していたモデルがリバプール<LIVERPOOL>です。

PATRICK

SAMBA16 サンバ16 106630 TRC

商品をチェック

こちらはそのLIVERPOOLの兄弟モデル・サンバ<SAMBA>。やはりカラーリングには、フランスを象徴するトリコロールが採用されています。

その後、1990年になり日本での生産がスタートし、それまでのアメリカ製やその他のヨーロッパ発祥のブランドとは違う、エスプリの効いたデザインが人気を集め、徐々にファッション通たちに浸透していきました。

パトリック愛好者が生まれる理由

1.フランス発祥のブランドならではのスタイリッシュなルッキング

まず、他のブランドとの違いで一目瞭然なのは、そのナロー(細身)なデザインではないでしょうか。
ボリュームとは無縁なアッパーのライン、薄めのソールと一見主張が無いように見えながらも独自の存在感を放つその佇まいは、フランス生まれの気高さを感じずにはいられません。

PATRICK

SULLY シュリー 26750 TRC

商品をチェック

アッパーのステッチワークと、つま先に入ったブランドを象徴する2本ラインが特徴のシュリー<SULLY>。パトリックの入門として選ばれる方も多いこのモデルは、人工皮革のアッパーのためお手入れが比較的容易です。ギザギザのリップルソール(シャークソール)はデザイン面での高さだけでなく、グリップ力にも優れています。

2.フランス生まれ、だけど日本製

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

ラスト(足型)にアッパーを被せ、成型している様子。モデルはアイリス。

そのスタイリッシュなシューズはフランスの職人が作っているのでしょうか?答えはNOです。
では、その他大勢のブランドのように大量生産を目的とした海外生産なのでしょうか?それもNOです。
正解は「MADE IN JAPAN」、日本製なのです。兵庫県姫路市に構える由緒正しい靴工場にて、職人たちの手によって生み出されているのです。ただシューズを生産するだけであれば決して効率的ではないでしょう。しかし、フランスの気風を日本人に伝えるにはこの方法が最善だったと感じます。
パトリックのシューズを手に取った時に感じるその美しさには、妥協を許さないブランドの理念と日本の職人たちの魂がこもっているのです。
結果、生産数は少なくなり、限られた取り扱い店舗でしか手に入れることができないことが、他人と被らないこともシューズの選定基準と考える人たちに支持されているのです。

通常は革靴やブーツを作る工程の一つ「吊り込み」の技法を用いたモデルも存在します。アイリス<IRIS>もその一つで、アッパーとソールの接合の美しさは是非、店頭で確かめて頂きたいです。

PATRICK

STADIUM スタジアム 23011 BLK

商品をチェック

1970年代のジョギングシューズをベースに、レザーとナイロンのコンビアッパーのスタジアム<STADIUM>は、手間のかかる袋縫いという製法を用いることで素晴らしいフィット感を実現しています。

3.厳選された素材を使用

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

抜き型を使用し、こだわりの革をパーツごとに切りぬく様子。

レザー製が多いパトリックは、その素材にも並々ならぬこだわりを持っています。
前述の姫路市は国内最大のタンナーとしても有名です。タンナーと製造される工場が同じエリアという好立地を活かして厳選された素材は作品へと昇華されていきます。

◇ステアレザー
生後3~6ヶ月以内に去勢された満2歳以上のオスの革で、耐久性に優れた丈夫な革です。

PATRICK

JET-LEATHER ジェット・レザー BLK

商品をチェック

陸上のスパイクシューズを普段履きにアレンジしたジェット<JET>は、シュリンク(しわ)加工が施されたソフトなステアレザーが使用されています。

PATRICK

NEVADA2 ネバダ2 WHT

商品をチェック

定番として人気の高いネバダⅡ<NEVADAⅡ>もステアレザーが使用されています。決して華美なデザインではありませんが、素材の質の高さを感じることができる1足です。

◇キップレザー
生後6ヶ月~2年くらいの中牛の革で、やや肉厚な革です。

PATRICK

BRONKEY ブロンキー 528282 16SM NVY

商品をチェック

1980年代に登場したブロンクス<BRONX>の素材を変更したモデルであるブロンキー<BRONKEY>は、キップレザーの自然な風合いが魅力です。

PATRICK

DATIA-LE2 ダチア・レザー2 528683 16FA BRN

商品をチェック

定番モデルには人工皮革が用いられているダチア<DATIA>ですが、キップレザーにアップデートされたダチア・レザー<DATIA-LE>も存在します。

◇カンガルーレザー
見た目は牛革と区別しにくいですが、柔らかさと耐久性の高さからスポーツシューズに使用されることが多い革です。

PATRICK

IRIS アイリス WH/BK

商品をチェック

軽量なカンガルーレザーを使用した代表モデルといえばアイリスでしょう。実際にフィッティングされるとその魅力が十分に伝わる1足だと思います。

4.豊富なカラーバリエーション

普遍的ないわゆる定番モデルも永らく愛用できますが、シーズンごとにリリースされる豊富なカラーバリエーションも魅力の一つです。
また、秀逸なカラーリングと、そのネーミングが見事なまでに製品に反映されているといった点も、パトリックのこだわりと遊び心を感じさせてくれる一因となってます。

ここで一風変わったカラー名称を持つモデルを紹介します。

▼動物

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

IRIS DOLPHIN = イルカ

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

MARATHON HMSTR = ハムスター

▼昆虫

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

MARATHON D.FLY = トンボ

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

MARATHON Q.ANT = アリ

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

MARATHON BETLE = カブトムシ

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

MARATHON BEE = ハチ

▼自然

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

MARATHON FIELD = 原野

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

MARATHON SUN = 太陽

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

STADIUM LAKE = 湖

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

STADIUM MNGRVE = マングローブ

▼和菓子

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

STADIUM KRIKTN = 栗きんとん

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

STADIUM OHAGI = おはぎ

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

MARATHON MACHA = 抹茶

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

STADIUM DRAYKI = どら焼き

過去のラインナップで手に入れることが難しいモデルですが、ユーモア溢れるカラーリングととその名称は見ているだけでも楽しいですね。

まとめ

パトリックに熱烈な愛好者たちが生まれる理由がお分かりになりましたでしょうか?おそらく上に挙げた理由のほとんどは、愛好者以外の人たちには伝わっていないと思います。しかし、愛好者たちはそんな事にはお構いなしで、今日もMy パトリックを愛しているのです。今度、街であの2本ラインを履いている人を見かけたら、「違いの分かる上質を愛する人」だと思って間違いないでしょう。また、あなたもパトリックを履いているときには、そう思われているかもしれませんね。

なぜ、人はパトリックに魅了されるのか?愛好者(ラバー)たちの思考。

パトリックをチェック

KEYWORDS
アイテム:

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。