0
ファッション&ライフスタイル

暗くなりがちな冬コーデに喝!カラーコートを着よう

2020.1.29
0

暗くなりがちな冬コーデに喝!カラーコートを着よう

2020.01.29

突然ですが、クローゼットに並ぶコートは何色ですか? ブラック、ネイビー、ベージュ、グレー……など、ベーシックカラーばかりという方がほとんどではないでしょうか。コート選びがコーディネートの決め手になるといっても過言ではない冬ファッション。そんなときこそ、テンションをあげる洋服選びを。気持ちを明るくするなら、選ぶコートの色は断然“鮮やかカラー”に限ります。今回の記事では、そんな“カラーコート”の選びかたをご紹介します。

カラーコートコーデ(1)さりげなく垢抜けを発揮する“くすみブルー”のコート

カラーコートといっても、日常で着るのに派手すぎるものは少しハードルが高い……という人にオススメなのが、シックなブルーのコート。鮮やかすぎる色味ではなく、少しくすみがかった色味のブルーを選ぶと定番服ともしっくり馴染み、デイリーに取り入れやすくなります。大人の落ち着いた雰囲気をキープしつつも、どこか垢抜けた雰囲気に。

カラーコートコーデ(2)女性を艶やかに美しく見せる“鮮やかな赤”のコート

これぞカラーコート! とも言える、鮮やかな赤色のコート。女性を美しく艶やかに際立たせてくれる赤は、シンプルなスタイルにさっと羽織るだけで特別なムードをつくります。少しリラックス感のあるドロップショルダーのシルエット、足首まで隠れるくらいのロング丈、無造作にふわっと切られるオーバーサイズ。これらのポイントで、頑張りすぎずトレンドライクに。

カラーコートコーデ(3)まるでファッションのビタミン剤! “大人イエロー”のコート

とにかく明るい気分になりたいという人が選ぶべきは、鮮やかなイエローのコート。カラー自体の存在感が強いので、スウェット×デニム×シンプルなスニーカーといった、究極のシンプルスタイルでも十分スペシャル感を味わうことができます。「子どもの公園で遊ぶの、ちょっと寒いんだよな……」という気持ちも、こんな素敵なイエローなら楽しく盛り上げてくれそう!

カラーコートコーデ(4)垢抜け度抜群!“ニュアンスオレンジ”のコート

黄色に少し近いようでいて、黄色よりぐんとセンスアップが期待できるのが、鮮やかすぎずくすみすぎず……といった絶妙なニュアンスの色味のオレンジ。少しヴィンテージ感も感じられて、ワンランク上のおしゃれを叶えてくれます。あえて個性のあるパンツやシューズと合わせて、おしゃれの相乗効果を狙うのもアリ。

カラーコートコーデ(5)冬の凛とした空気に映える“ビビッドグリーン”のコート

周りを見渡すと圧倒的に暗めカラーのファッションが多い、そんな冬の街。そこで鮮やかな個性を発揮できるのは、ビビッドなグリーンのコート。色自体が個性派なので、ノーカラーやノーボタンなどの、ミニマルデザインのものを選ぶと“派手な人”にとどまらず、“おしゃれに”すっきりと着られます。

値が張るコートに「鮮やかカラーで冒険できない……」という人は、セール狙いかプチプラブランドを狙ってみて。実際に袖を通して実際に着こなしてみると、気分の高まりを実感できるはずです。

KEYWORDS
アイテム:

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。