0
ファッション&ライフスタイル

あたたかい色の服はやっぱり気持ちいい! 秋の暖色メンズコーデ5選

2018.8.08
0

あたたかい色の服はやっぱり気持ちいい! 秋の暖色メンズコーデ5選

2018.08.08

スポーツの秋、芸術の秋、実りの秋――。新たなことを始めるには最高のこの季節に、“暖色コーデ”はいかがでしょうか? 一口に“暖色”と言えど、鮮やかなものから渋くダークなものまで、そのバリエーションは様々。ぜひ、お気に入りのスタイルを見つけ、これからの着こなしの参考にしてみてください。

(1)発色の良いサーモンピンクパーカは、カモ柄と合わせて男らしくストリートに

あたたかい色の服はやっぱり気持ちいい! 秋の暖色メンズコーデ5選

出典:wear

発色の良いサーモンピンクのスウェットパーカを主役に、カモ柄アウターとダメージデニムでストリート色をプラスしたコーディネート。差し色としての効果はもちろん、1枚でメインアイテムに格上げしてくれる、ビビッドな暖色が決め手です。上半身に重めのアイテムを集めていますが、デニムをワンロールアップしたり、足元にローテクのスニーカーを合わせたりと、ディテールのこだわりや、全身のバランス感覚が秀逸に決まっていますね。腰からロングベルトを垂らして、トレンド感を加えてもきっと良さそう。ぜひ、真似してみてください。

(2)秋の穏やかな気候に寄り添う、こだわりの暖色シックコーデ

あたたかい色の服はやっぱり気持ちいい! 秋の暖色メンズコーデ5選

出典:wear

シックな雰囲気が香るこちらのコーディネートは、秋らしくトレンチコートをメインにしたスタイル。インナーには、あたたかみのあるボルドーのニットを合わせて、初秋の穏やかな気候にぴったりのコーデに。あえて9分丈のパンツを合わせることで、適度な抜け感もプラスしています。シンプルでありながらも、足元に味のあるレザーを持ってくるなど、こだわりも十分。穏やかな秋の気候にそっと寄り添う、季節感ばっちりなコーディネートとなっています。

(3)秋のアウトドアスタイルは、暖色アイテムでほっこりまとめて

あたたかい色の服はやっぱり気持ちいい! 秋の暖色メンズコーデ5選

出典:wear

マウンテンパーカにコーデュロイパンツ、編み上げのブーツを合わせたアウトドアコーデは、暖色のアイテムを取り入れることで、ぐっと秋らしいスタイリングに変身。ダークトーンのアウターには、クレイジーカラーのニットを合わせて、色味のメリハリを強調して。ブーツに目線を集めるための、高めのロールアップもポイント。暗くなりがちな秋冬のコーディネートも、こうして暖かな色味を採用することで、ほっこりとした和らぎの感じられるスタイルになります。

(4)シンプルなアイテム構成のスタイルも、暖色×タックインでポイント付け

あたたかい色の服はやっぱり気持ちいい! 秋の暖色メンズコーデ5選

出典:wear

ブラウンがかったオレンジのシャツトップスに、太めのスラックス、スケートシューズを合わせたベーシックなコーディネート。トップスをパンツにタックインすることで、ほど良い個性をプラスしています。インナーのタートルネックと、足元のスニーカーのカラーリングを統一することで、コーディネート全体にまとまりも。秋のシンプルシックなスタイルの好例と言えそうなコーデ。積極的に取り入れたいですね。

(5)ビビッドなオレンジは、他アイテムの色味を落ち着けてなじませる

あたたかい色の服はやっぱり気持ちいい! 秋の暖色メンズコーデ5選

出典:wear

ビビッドな色味が目を引くオレンジのステンカラーコートに、シンプルなシャツと太めのパンツを合わせたスタイル。これほど鮮やかな色味のオレンジであっても、しっくりなじんでいるのは、コート以外のアイテムの色味を暗めに抑えているから。また、パンツのシルエットにフレアを選んだり、あえてスケートシューズをチョイスしたりと、それぞれのアイテムにこだわりもしっかり表現。何かと敬遠しがちなビビッドカラーのアイテムですが、こうして取り入れれば嫌味にならず、すんなりコーディネートに組み入れることができます。

最後に

いかがでしたでしょうか? “実りの季節”とも言われる秋には、あたたかみのある暖色がばっちりと映えますよね。ビビッドなものから少々暗めのものまで、幅広い楽しみ方をご紹介しました。ぜひともこれからの季節の着こなしのヒントを見つけてみてください。きっと、スタイリングのバリエーションが増えること間違いなしです。

KEYWORDS

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。