0

【街に馴染むあの頃の定番スニーカー】ビビッドなオレンジライン・アシックス『GEL-1090 フライノック』

2022.05.13

例えば、1990年代ごろの、その昔。僕たち私たちを魅了してやまなかった、あのブランドのあのモデルのスニーカー。カッコよくって光輝いていて、手に入れるために必死に頑張ったっけ。

……と、エモな思い出が蘇ってくる世代も、当時はまだ幼かった若者世代も。

あの頃のスニーカーには、どこか特別な意味がある。だから今もなお愛され、リバイバルするのだろう。

本特集では、そんなスニーカーを愛用している、“kicksラバー”にインタビュー。愛してやまない“あのモデル”について、たっぷりと話を聞きました。

あの頃の定番スニーカー・アシックス『GEL-1090 フライノック』の魅力

今回話を聞いたのは、韓国の人気ブランド“フライノック”別注の『アシックス(asics)』のゲル 1090<GEL-1090>を愛用している@sshinya0409さん。

――購入した理由やキッカケは?

アシックスのスニーカーでは一番好き。asics Koreaのインスタグラムでリリース情報を見て、そのキレイな配色でビビッときました。日本国内だとABC-MARTかつ、Grand Stageの限られた店舗のみ展開ということで数も少ないと思い、買わなければという使命感で入手しました。

【街に馴染むあの頃の定番スニーカー】ビビッドなオレンジライン・アシックス『GEL-1090 フライノック』

――お気に入りのポイントは?

DESERT CAMPというコンセプトで砂漠のベージュに目を引くパキッとした太陽を彷彿とさせるオレンジが採用され、また通常のGEL-1090にはないストライプの縁にステッチワークが施されていることから、スッキリとしたデザインの中にカラーのインパクトとストライプのボリューム感を持たせているところが気に入っています。また、コラボでありながら、箱やスニーカーにFREIKNOCKのネームがないところもまた1つポイントかなと思います。僕的には女性の方にぜひ履いて欲しいですし、履いている方を見かけたら「おっ!」となります。

【街に馴染むあの頃の定番スニーカー】ビビッドなオレンジライン・アシックス『GEL-1090 フライノック』

――履く際のコーディネートやスタイリングでこだわっていることは?

スタイリングは、いつもスニーカーから決めます。スニーカー好きあるあるですね(笑)。そこからトップスとボトムスを決めます。カラーがベージュにオレンジとかなりシンプルな配色なので、キレイめなスタイリングやカジュアルなスタイリングと、いろんなスタイリングにハマります。また年じゅうダークトーンのスタイリングをしているので、かなり重宝しています。
【街に馴染むあの頃の定番スニーカー】ビビッドなオレンジライン・アシックス『GEL-1090 フライノック』

【街に馴染むあの頃の定番スニーカー】ビビッドなオレンジライン・アシックス『GEL-1090 フライノック』

【街に馴染むあの頃の定番スニーカー】ビビッドなオレンジライン・アシックス『GEL-1090 フライノック』

――kicksラバーになったキッカケは?

高校生の頃ニューバランスが大ブームの中、修学旅行で新しくスニーカーを買うことになり、M574を購入したのがきっかけです。ファッションが好きで人と被りたくないという変なこだわりがあり、スタイリングだとアイテムで被ることは多少ありますが、スニーカーだとたくさんのブランドやモデルがあるため被りにくく、いろいろと調べているうちにどんどんのめり込んでしまっていました。ここ最近は、より人と被りたくないというこだわりから、アシックスをよく買い漁っています。履き心地ももちろんいいですし、デザインもよくて。街中でも被ることがあまりないので、優越感に浸っています。
【街に馴染むあの頃の定番スニーカー】ビビッドなオレンジライン・アシックス『GEL-1090 フライノック』

――あなたにとってスニーカーとは?

僕にとってのスニーカーは、人とのつながりをくれるものです。ここ数年で仲良くなった人の8割以上はスニーカー好きの人と言っても過言ではないほど。服が好きだったり車が好きだったり、趣味の影響で人とのつながりができることはあると思いますが、僕はそれがスニーカーでした。今回のスナップを撮ってくれた人も、職場のスニーカー好きの後輩です。スニーカーのおかげで人との関わりや知り合いも増え、スニーカーを介してつながる関係はとても楽しく、今後も大切にしていきたいです。

――90年代のファッションやスニーカーへの思いを教えてください

ここ近年80~90年代のファッションがブームになっているなかで、僕が好きなアシックスでいえば、80年代には2017年にヒールウェッジ部にGELを搭載して復活したGEL-PTGのルーツであるFABRE POINTGETTER、90年代にはGEL-KAYANOシリーズで第1号であるGEL-KAYANO TRAINERなど、今となっては定番のスニーカーが誕生した年代です。

GEL-PTGは昨今のコート系ブーム、GEL-KAYANOは2017年からのダッドシューズブームと、スタイリングにかなり取り入れやすくなっているかなと。まだアシックスを履いたことない人は、ぜひこういったモデルも一度は挑戦してもらいたいなと思います。またスニーカー好きとしては、アシックスのみならず他のブランドにも目を向けてみると、より一層スニーカーを楽しめるのではないかなと思っています。

【街に馴染むあの頃の定番スニーカー】ビビッドなオレンジライン・アシックス『GEL-1090 フライノック』

あの頃の定番スニーカー・アシックス『GEL-1090 フライノック』とは

韓国・ソウル発のユニセックスカジュアルブランドである「FREIKNOCK」のABC-MART別注デザイン。DESERT CAMPをコンセプトに砂を表すベージュでシューズ全体をまとめ、アシックスストライプには砂漠に燦燦と照りつける太陽や夕日を連想させるオレンジを落とし込んだデザインとなっています。快適な履き心地はもちろん、その洗練されたデザインは多くのK-POPセレブリティに愛用されています。

ASICS

GEL-1090

商品をチェック

アシックスのアイテムをチェックする

KEYWORDS