0
ハウツー&ノウハウ

靴ずれが起こるのはなぜ? 原因と対策を知って、楽しく出かけよう

2017.11.14
0

靴ずれが起こるのはなぜ? 原因と対策を知って、楽しく出かけよう

2017.11.14

新しい靴を履いてお出かけ! と楽しみにしていたのに、靴ずれで気分が沈んでしまうという経験はありませんか? 足が痛くてショッピングに集中出来なかったり、旅行先の場合は、すぐに対応できなかったり困ることもあります。せっかくお気に入りの靴を履くのですから、ハッピーな気持ちで歩きたいですよね。そこで今回は、靴ずれの原因と対策についてご紹介します。

靴ずれは何故起こるの?

靴ずれが起こるのはなぜ? 原因と対策を知って、楽しく出かけよう

靴ずれになってしまう理由は、以下のようなことが考えられます。

・靴のサイズ、形が合っていない

そもそも靴ずれというのは、歩くことによって靴と足が擦れて出来てしまう傷です。なので、サイズ選びは最も重要。サイズのフィットしない靴を履き続けると、靴ずれだけではなく、たこが出来てしまったり、足の形が変形する外反母趾になってしまう恐れがあります。

他には、革靴のような堅い素材の靴・先の尖ったパンプスは要注意。サイズが合っていても、デザイン的に指先が窮屈になっています。また、革素材の靴は履いていくうちに自分の足の形に馴染んでいくので、フィットするのに時間が掛かります。オシャレをするのも大切ですが、あまりにも自分の足の形に合わない靴は履くのは控えましょう。

足の大きさが左右で微妙に違っていたりすると、片方だけ靴ずれが起こってしまう場合もあります。また、朝歩いていても平気だったのに夕方になると靴ずれが……というケースは足がむくんだことによる靴ずれの可能性も。

・歩き方の癖

片足に重心が偏りがちな歩き方をすると靴底が片方だけすり減って、一部に力がかかってしまうため靴ずれが起こります。ヒールの場合は、前に重心がかかりやすくなるので親指に靴ずれが出来るという可能性も。正しい姿勢で歩くことは、靴・足に負担をかけない秘訣です。

靴ずれの対策・応急処置

靴ずれが起こるのはなぜ? 原因と対策を知って、楽しく出かけよう

・絆創膏

靴ずれが出来てしまった場合は、傷口から雑菌が入らないように絆創膏を貼るなどしましょう。水ぶくれが出来てしまったら、その段階で絆創膏を貼って皮がめくれるのを防ぐのがベスト。予防として、かかとなど靴と皮膚が擦れやすいところに、予め貼っておくというのもオススメです。靴ずれ用の絆創膏もドラッグストアで簡単に手に入りますよ。

・靴下やストッキングを履く

靴と足の摩擦を少しでも軽減するために、靴下やストッキングを履きましょう。パンプスなどは、ストッキングを履いているだけで着脱もしやすくなります。摩擦を軽減するといった意味では、ベビーパウダー・ワセリン・ロウなどを塗って、滑りをよくするというもの対策方法の1つです。

・歩き方を見直す

靴は『正しい姿勢で歩くこと』を前提に作られています。重心を体の真ん中に置くよう心掛け、しっかりと足を上げて歩くようにしましょう。姿勢は、靴ずれだけではなく健康維持にも繋がります。この機会に自分の姿勢をしっかり見直しましょう。

・インソールなどの靴ずれ防止グッズを使う

ヒールがある靴を履く場合は、靴と足をより密着されてくれるインソールが大活躍します。ちなみに、インソールとは、靴の中に敷く中敷きのこと。取り外しも自由ですし、お値段も手頃なので気軽に新しいものに替えることが出来ます。

もう1つ靴ずれ防止グッズでオススメしたいのが、かかと部分につけるパッドです。かかとがパカパカしてしまうのを防ぐといったものです。クッション性に富んで、靴の履き心地も良くなるので試してみてはいかがでしょうか。

おわりに

歩くことは、日々の生活に欠かせないことです。そのために靴選びと、足元のケアはしっかりしていきましょう! 今回ご紹介した対策をぜひ実践してみてください。

KEYWORDS
テーマ :

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。