0
シューズ

シューズアドバイザー藤原岳久のランニングシューズレビュー!/サッカニー『トライアンフISO5』

2019.3.15
0

シューズアドバイザー藤原岳久のランニングシューズレビュー!/サッカニー『トライアンフISO5』

2019.03.15
シューズアドバイザー藤原岳久のランニングシューズレビュー!/サッカニー『トライアンフISO5』

藤原岳久
選ぶ、履く、使いこなす、シューズお買いものトータルプロデュース。一般社団法人日本フットウエア技術協会理事。スポーツシューフィッター資格認定講座講師。2時間34分28秒 (2018年別府大分毎日マラソン)

ランニングシューズの魅力と、ちょっと踏み込んだ豆知識に迫る、シューズアドバイザー・藤原岳久のランニングシューズ企画。ご自身もフルマラソンを2時間34分28秒で走るランナーであり、また、一般社団法人日本フットウエア技術協会理事でもあります。

そんな藤原さんが独自の視点で、今、オススメのランニングシューズについて、ざっくばらんに語ります。

今回は、世界最古のフルマラソン、あのボストンマラソンと同じくらいの歴史がある創業120年『Saucony(サッカニー)』のランニングシューズの魅力をお伝えしていきます。

トライアンフISO5にアップグレード

今回は、サッカニーが誇るニュートラルトレーナー、トライアンフISO5<TRIUMPH ISO 5>です。英語のTriumphは、“偉大な業績”や“大手柄”などの意味、あなたにとっての“トライアンフ”をこのシューズをともに、って感じですかね。

シューズアドバイザー藤原岳久のランニングシューズレビュー!/サッカニー『トライアンフISO5』

SAUCONY

サッカニー TRIUMPH ISO 5(WIDE) トライアンフ アイエスオー S20463-1 GREY/BLACK

商品をチェック

SAUCONY

サッカニー TRIUMPH ISO 5(WIDE) トライアンフ アイエスオー S20463-2 STEEL/BLACK

商品をチェック

面白いですね、同じ乗るという共通点がある“自動車”みたいに、シューズもちゃんとグレードに分けてラインナップされています。サッカニーでは例えば……

ニュートラル: ライドISO<RIDE ISO> → トライアンフISO<TRIUMPH ISO>
プロネイションコントロール: ガイドISO<GUIDE ISO> → ハリケーンISO<HURRICANE ISO>

これらは、矢印に行くに従って、機能性にプラスαがある関係性です。その逆が低サポートではなくて、それはランナーを選ばず、価格と機能性のバランスでグレードを選べるラインナップになっています。

ブランドの中には“レーシングシューズ”や、“ベアフット”、“ナチュラルシューズ”のように、履くシチュエーションや、履くランナーを選ぶシューズもあります。そんな中でもこんな関係性を知っておくとプラスですよね。

はじめたばかりのランナー、ステディーなランナーにステップアップし、やるぞ! と決心したランナーは、今まで履いていたスポーツシューズからライドやガイドへのステップアップでも十分満足できます。

でもランニングを始めて、3~5年前後のランナーは、すでに何足かシューズを履いて来ていますよね?このぐらいの歴の方々は、シューズにも更なる履き心地と機能性を!ステップアップするときですよ。

そんな皆さんに紹介したいのが、トライアンフISO5、サッカニートレーニングラインで最高の履き心地のモデルです。

同じ習慣を続けるのはビギナーで卒業

さて、みなさんは、同じブランドの同じシューズをずっと履き続けていませんか? もしその習慣で、あなたが現状ランニングにおいて、怪我、伸び悩み、モチベーションダウンなど、何か問題を抱えはじめているのであれば、それは間違いなく一因でしょうね。

つまり、ランニングを始めたときには、ランニングに関するすべてのことに、少しずつ慣れることが目標ですよね。それから数年たって、しっかりランニングが習慣化しているランナーにとっては、同じシューズを履き続けること、身体がその動き、動かし方に慣れていって、それがマンネリにもなり得るからです。

車の運転なら慣れている方がいいですが、ランニングはスポーツ、エクササイズだってことをお忘れなく。エクササイズとしては負荷が増していくこと、また変化があることがもっとも大事です。

みなさんがスピードトレーニングなどのトレーニングに興味を持ち始めていることと同様に、シューズも変化させましょう。

履き分けには2種類ある

このシューズを変化させる履き分けは2つあります。1つは、トレーニング内容によって履き分ける“履き分け”、もうひとつは最も多く履く、トレーニングシューズの“履き分け”があると思います。

「シューズだって気をつけているのになんで怪我をするの?」

って方は、後者の履き分けがうまくいっていないのかもしれませんよ。同じメーカーの、同じタイプのものだけを使い続ける方って少なくないですけど、シューズで色んな感触を味わうことは、エクサイズとしてのあなたのランニングがもっと進化します。

例えば、いつも同じブランドではなく、違うブランドのシューズをセットで履いてみるのもそうです。

それに近い変化が、サッカニーユーザーであれば、「ライド」や「ガイド」から、「ハリケーン」や今回紹介する「トライアンフ」にステップアップさせ、変化させることも一つです。

サッカニーラインナップの中の最高級車を体感せよ

トライアンフISO5は、まさにニュートラルトレーナーの最高級車、フル装備になっています。

EVERRUN(エバラン)トップソール+EVERRUNフルレングスソールは、サッカニー最高の“乗り心地”。

EVERRUNはサッカニーが誇るポリウレタンソール、バンジーで耐久性があり今後主流になるミッドソール素材で、それを惜しみなくフルレングスで使っています。プラス他のモデルにも使っているインソールの裏側、足の当たる場所にもう1枚EVERRUNを使うEVERRUNトップソール構造になっています。

アウトソールをみてください、グミみたいなクリスタルラバーで構成されています。 そのイメージ通りのクッション、弾力のあるグミの上に乗っているような、そんな感じ、着地の瞬間が待ち遠しくなりますよ

アッパーはISOフィット、ISOと品名についているモデルは、ISOフィットのモデルです。これはシューズのフィット感の要、甲まわりのフィット感を出すソックモック(つま先がないソックスのようなものが内包されている)構造になっています。

そして、エンジニアードジャガードメッシュアッパーのルックスは、“アメリカン”でかっこいい。街履きも兼用できようなバーサタイル感は兼ね備えていますね。

ランニングって言っても単調にただ走るだけのスポーツです。もちろんエクササイズとしてランニングを突き詰めることで、その単調さの中の楽しさもあるでしょう。

しかし、シューズと共にその楽しさ、快適さを感じるのはどうでしょう?もっと道具に楽しませてもらってもいいんではないでしょうか?

このトライアンフISOで良い変化、そして、良い出会いを是非!

シューズアドバイザー藤原岳久のランニングシューズレビュー!/サッカニー『トライアンフISO5』

SAUCONY

サッカニー WMNS TRIUMPH ISO 5(WIDE) ウィメンズ トライアンフ アイエスオー S10463-1 BLUE/NAVY

商品をチェック

SAUCONY

サッカニー WMNS TRIUMPH ISO 5(WIDE) ウィメンズ トライアンフ アイエスオー ワイド S10463-2 BLUE

商品をチェック

サッカニーをチェック

ランニングシューズチャートで最適な1足を見つけよう!

シューズアドバイザー藤原岳久のランニングシューズレビュー!/サッカニー『トライアンフISO5』

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。