0
ファッション&ライフスタイル

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

2020.3.10
0

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

2020.03.10

日本一の大学ダンスサークル決定戦<Japan Dancers’ Championship 2020>。全国3,000人を超える出場者の頂点を決める大会に潜入し、出場者スナップを敢行! 会場の様子と合わせて、見事本年度のチャンピオンに輝いた立教大学 D-mcのメンバーへのインタビューをお届けします!

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

熱狂に包まれたダンスコンテスト!<JDC2020>イベントレポート

全国的な盛り上がりを見せるダンスシーン。その盛り上がりは衰えることなく、今やダンス人口は600万人にものぼるのだとか! 世代を超えて大きな話題となった登美丘高校の「バブリーダンス」や、動画共有アプリTikTok発のダンスなど、トレンドの第一線にはいつもダンスの話題が。そんなダンスに情熱を注ぐ大学ダンスサークルの頂点を決めるのが、<Japan Dancer’s Championship(以下、JDC>です。

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

2月20日にお台場にあるZepp DiverCity Tokyoで開催された今回の大会ファイナルには、東京・大阪・仙台・福岡の全国4都市から総勢3,000人を超える大規模予選を勝ち抜いた全12校が出場。客席には2,000人を超える大学生が詰めかけ、白熱するステージに向けて声援を送っていました。

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

観客による投票と審査員陣を悩ます大接戦の末、勝ち上がった12校による決勝の舞台。第3位には、仙台予選を勝ち上がった東北大学・WHOが、その勢いとパワーで東北の大学で初めての入賞! 

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

準優勝は、昨年度チャンピオンの明治学院大学・Break Jam。大本命との呼び声も高いなかでの2位獲得に、悔しさを滲ませながらも「いいバイブスで臨めた」とポジティブなコメントに拍手が寄せられました。

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

そして、本年度見事頂点に輝いたのは、立教大学 D-mc! ダンスのスタイルによって楽曲をMIXする学校が多いなか、楽曲・衣装とも“ジャネット・ジャクソン縛り”という大胆かつストレートなパフォーマンスには、「大学生がこういう作品をつくることが素晴らしい、全ジャンル劣ることなく見せられていて革命的」とジャッジからも賛辞が贈られ、全出場者へリスペクトと来年度への期待に包まれるなかでの幕引きとなりました。

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

優勝サークル立教大学 D-mcにインタビュー!衣装の秘密とシューズのこだわり

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

──優勝おめでとうございます! 実際に頂点を勝ち獲った今の心境は?

jackalさん:嬉しかったです、もちろん。ただ僕個人としては、作品全体をまとめる役として100人以上と接するなかで、みんなが不安やプレッシャーを感じているところも見ていたので、そのぶん安堵したところが大きかったですね。

島﨑さん:この4人は作品をつくる役割だったので、葛藤とか大変なこともあったと思います。僕はサークルの代表として、全体の士気が上がるように立ち回りながらも作品には出ている側だったので、勝てたときは嬉しいっていう気持ちが一番先に出ました。それでステージに上がるのが少し遅れました(笑)。

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

──「革命的で納得の優勝」と審査員の方もコメントしていらっしゃいましたが、今回披露したダンスについて、改めてコンセプトや作品の背景について教えてください。

前田さん:今回の大会テーマが「伝統と挑戦と革命」っていう3本柱だったので、D-mcの長い歴史の中で出来上がった伝統的なダンスの流れを守りながらも、5代上の先輩方が獲得して以来掴めていなかった優勝を私たちの革命と挑戦で取り返して、この先の代につなげていきたいっていう想いがありました。

jackalさん:先輩がつくってきたJDCのテンプレートみたいなものがあって、それに沿えばやりやすいんですけど、それをそのままやるくらいなら頭ひとつ飛び抜けるかまったく引っかからないか、そのくらいのものが作りたいなと思っていて。そういう想いを持って話し合うなかで、今回はジャネット・ジャクソンの曲だけでいこうということになりました。結果として観ている方に今年のD-mcはちょっと違うって伝わったのであれば、それはすごくよかったなって思います。

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

──パフォーマンスはもちろん、衣装をジャネット・ジャクソンに寄せたりと、アーティスト縛りにした面白さが見せ方の面でも際立っていましたよね。

伴さん:衣装に関しては、高額なものを使わずにアイデアを積み重ねてもっとジャネットに近づけられないかって試行錯誤を繰り返しました。実は装飾のほとんどが100円ショップのアイテムだったりします(笑)。

金子さん:いかにジャネットを連想させられるかっていうことをみんなで話し合いましたね。たとえば、髪に大きな動きのあるダンスなら髪をワッフルヘアにしたり、衣装に合わせて革靴に白い靴下を合わせたり。予選から本戦までの2週間のあいだにも、ほとんどの衣装を大幅にアップデートしました。

──シューズもダンスのパフォーマンスに直結する重要なアイテムですよね。ダンスをするうえでシューズに求めること、こだわりがあれば教えてください。

金子さん:今回はジャネット・ジャクソン縛りというテーマがあったので、シューズも衣装に合うものという点をメインに選んでいます。

島﨑さん:どこのメーカーがとかっていうより、自分の足に合う・合わないってあると思うんですけど、僕の場合は地に足がついているというかアウトソールが薄くて足が床に触れる感覚がわかるものを選んでいます。

jackalさん:僕、右足だけ扁平足なんです、酷使しすぎて(笑)。そのくらいヒップホップは足を踏むので、クッション性のあるものを履くことが多いですね。

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

──ダンスのジャンルによってもシューズの選び方が変わってくるんですね。

前田さん:靴選びはダンサーによってかなりこだわりが出るところだと思います。POP(ポップ)とかLOCK(ロック)っていうオールドスクールっていわれるジャンルだと、革靴とかヴァンズみたいにソールがフラットなものを履くことが多いです。逆にニュースクールって呼ばれるヒップホップとかだと、しっかり厚みのあるものが好まれる印象です。ただ、作品によってはあまりダンス向きではないものを履くことも結構あります。踊りやすさよりもその作品のコンセプトを優先することが多いですね。

──自分に合う靴選び、そして靴に左右されないダンススキルを磨くための日々の鍛錬が今回の結果につながったんですね。本当におめでとうございました!

大学生ダンスサークルの頂点へ!<JDC2020>イベントレポート| 出場者ファッション&シューズスナップ24組!

ダンスシューズ特集をチェック

NEXT>>出場者こだわりのファッション&シューズスナップ!

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。