0

『サウナボーイ』に聞いたPOPなサウナのススメ。サウナと相性抜群なダナーとのコラボアイテムも発売!

2021.07.21

老若男女問わず楽しめるチルアクティビティとしてブームとなっている“サウナ”! ハマっている人からすると「身体も心も整う」と評判ですが、その楽しみ方を知らない人もまだまだ多いはず。そこで今回は、Instagramをベースに映えるアイテムが注目の匿名クリエイティブ集団・サウナボーイに、サウナの楽しみ方と『ダナー(DANNER)』とのコラボアイテムについて紹介してもらいました。

サウナボーイ
裸の付き合いの匿名のクリエティブ集団が2018年に立ち上げたブランド”サウナボーイ”。
サウナがあればどこにでも。
InstagramTwitter

フォロワー数は1.3万人!匿名クリエイティブ集団・サウナボーイ

サウナボーイのInstagramのプロフィール欄には、「裸の付き合いの匿名のクリエティブ集団が2018年に立ち上げたブランド」とありますが、まずは発起人であるNOWさんにサウナにハマったきっかけや、サウナボーイをスタートした経緯などを聞きました。

──そもそもサウナボーイはどのようにして始まったのですか?

「僕は元々サウナ好きだったのですが、今のサウナブームが来る前にもすでにサウナ系のアパレルが少し目立ち始めていたんです。そういうのを見て、僕も何かできないかと始めたのが『サウナボーイ』です。ロゴのデザインは大好きな雑誌『週刊プレイボーイ』のオマージュですが、毎週サウナへ行くっていう意味にも繋がっています。まずは友達にTシャツなどのグッズを作ってもらい、そこからサウナの感想をInstagramに投稿したり、作ったグッズを販売したりしていくうちに徐々にフォロワーが増えていきました。最近のサウナブームも追い風となって、今に至る感じです」

──そもそもNOWさんがサウナに行き始めたきっかけを教えてください。

「サウナに行き始めたのは、大阪で会社員として働いていた頃です。当時はめちゃくちゃ激務で朝まで仕事をするのも当たり前でした。その時にサウナへ行ってリフレッシュしてまた会社に行く──というルーティーンをするようになったのがサウナにハマったきっかけですね」

──いわゆるブーム以前の、純粋なサウナへのハマり方ですね。

サウナに行く理由は以前も今もリフレッシュするためですね。それはサウナボーイとして活動するにあたって、“顔出し”をしていない理由にも繋がっています。リフレッシュとかリラックスしたいのに顔を指されるのは居心地が悪いし、ましてや裸で行くところなので、サウナボーイは匿名でやっています」

──最初にサウナボーイとして作ったアイテムは何ですか?

「Tシャツとロッカーキー、あとはシールです。最初の頃は友達にシールを配り歩いていました。スマホの裏にぴったりハマる大きさなので、特にサウナ好きではなかった人も可愛いって気に入ってくれて。そこから徐々に話題になっていきました」

──ポップなデザインのアイテムが、特に若者や女性から支持されていますね。

「そうですね。サウナボーイのグッズを純粋に可愛いということで身に付けてくれている人も多いと思いますが、『サウナに興味のない人にも知ってもらえたらいい』という気持ちでやっています」

──インスタグラムでタグ付けされることも多そうですね。

「多いですね。『ありがとうございます』の気持ちを込めてすぐシェアします!」

サウナは極端に言えば“なんでもいい派”のPOPな感じ

ここからは初心者に向けてサウナの楽しみ方をご紹介! NOWさん流の楽しみ方や、数あるサウナ施設の中から自分に合った施設を選ぶポイントなどもレクチャー。さらに、NOWさんがこれまで行った中で、印象に残っているサウナも教えてもらいました。

──NOWさんはどういったサウナの楽しみ方をしていますか?

「リラックスするのはもちろん、今はサウナボーイをやっているので、そのデザインやアイデアなどを頭の中で整理する時間になっていますね。特に今はコロナ禍なのでなかなか難しいですが、スポーツイベントがある時にサウナにテレビがあると盛り上がれるので楽しいですし、サウナに行ったあとに美味しいものを食べに行くのも楽しみのひとつですね」

──静かに楽しむためにはあまり言わない方がいいのかもしれませんが、おすすめのサウナはありますか?

「三軒茶屋の『富士見湯』によく行っていました。そこはあまり混んでいない穴場なのと、サウナ室がいい匂いがするんですよね。敷いてあるタオルの柔軟剤がいい匂いなのかな。そういうのもあって好きでしたね」

──特にサウナで重視するポイントは何ですか?

「僕は空いているサウナが好きですね、家に近ければなおよし。あとはサウナボーイのInstagramのネタを探しつつ、いろいろなサウナを回っている感じです。まだまだ開拓していないサウナがたくさんありますが、コロナ禍というのも配慮しつつ、徐々に回って行けたらいいですね」

──地方には歴史あるサウナスポットがたくさんあるかと思いますが、NOWさんが行ったことのある場所で特におすすめのスポットはありますか?

「地方だと、有名ですが静岡にある『サウナしきじ』。そこは富士山の地下天然水を使った水風呂がめちゃくちゃ気持ち良くて、さらにその水が飲める。実際にペットボトルに入れて持ち帰る人が多くて、“内と外から整える”的なことができます。あと2階の食堂でご飯を食べられるのですが、水がキレイなのでお米がおいしいんですよ。『サウナしきじ』は雰囲気も含めておすすめですね」

──近年はアウトドアサウナも流行っていますが、NOWさん的にいかがですか? サウナブームのきっかけになった “フィンランド式”というスタイルもありますが。

「実はアウトドアサウナをあまり試したことがなく、イベントとして開催されていれば行くぐらいです。今後やってみたいなという気持ちはありますが、僕は『サウナと水風呂があればありがたい』くらいの意識で、そこまで強いこだわりはないですね。極端に言えば“なんでもいい派”のPOPな感じ、ははは。サウナが流行る前って、もっとめちゃくちゃだったと思うんですよね。最低限のルールを守った上で、その場の雰囲気を楽しめれば、サウナは何でもいいかなって気がします」

サウナボーイ×ダナーのスペシャルなコラボアイテム

そんなサウナボーイの魅力に、一足早く目を付けたのはアメリカ・ポートランド発の老舗ブランド・ダナー! “日本のサウナボーイが旅をしたら……”というテーマのサウナグッズが、4月24・25日に開催された『GO OUT CAMP』のダナーブースにて先行発売されました。

ダナーの名作サンダル<ミズグモ(MIZUGUMO)>に、“ロッカーキー”のデザインを落とし込んだリラックスサンダルはインパクト抜群! さらに普段使いでも映えるシルエットと素材のサウナハットやサウナポンチョ、正面に“Portlandサウナボーイ”のロゴ&背面に“Danner Weekly”のロゴの入ったコラボTシャツ、そしてサウナに向かう際に鍵や小銭を入れたり、ドリンク缶やペットボトルを入れられるクージーサコッシュなどをラインナップしています。

『サウナボーイ』に聞いたPOPなサウナのススメ。サウナと相性抜群なダナーとのコラボアイテムも発売!

──サウナボーイがダナーと繋がった最初のきっかけは?

「最初は2019年のアウトドアフェス『GO OUT JAMBOREE』にテントサウナブースがあって、そのノベルティを作ったんです。そのブースの横でサウナボーイのTシャツも売らせてもらっていたら、たまたまダナーの方が買ってくれたみたいで。後日、その方が社内でサウナボーイのTシャツを着ていたらディレクターの方の目に留まり、コラボに至ったという経緯です」

『サウナボーイ』に聞いたPOPなサウナのススメ。サウナと相性抜群なダナーとのコラボアイテムも発売!
『サウナボーイ』に聞いたPOPなサウナのススメ。サウナと相性抜群なダナーとのコラボアイテムも発売!

──今回のコラボアイテムの制作はいつから始まりましたか?

「2020年の夏からですね。そこからダナーのサウナ好きの人たちと打ち合わせを重ねて、デザインやコンセプトを詰めていきました。これまでも<ミズグモ>のようなサウナに合うサンダルを作りたい気持ちはありましたが、やっぱり自分で作るとなるとハードルは高くて。ただ今回コラボで作らせてもらえることになって、最初は<ミズグモ>にちょろっとサウナボーイが入るぐらいのイメージでしたが、途中からなかなか攻めたデザインになっていって……」

──最終的に総柄でインパクト抜群ですね!

「びっくりしました。ロッカーキーをイメージした総柄。このデザインが上がってきた時は『ダナーさん本気だな』って感じましたね」

──サンダル以外にもハット、ポンチョ、Tシャツ、サコッシュがラインナップされていて、Tシャツとサコッシュは『GO OUT CAMP』や大阪のPOP UPで完売したそうですね。

「ありがとうございます。アイテムに関しては、サウナボーイが普段は作れないようなものという案で作ってもらいました。最初はこんなにアイテムが増える予定ではなく、正直『大丈夫なのかな……?』と思っていましたが、ダナーの皆さんのサウナ愛が強く、アイテム制作にも熱量高く取り組んでくださってありがたかったです」

──サウナボーイの世界観をパッケージとして届けるアイテム類に仕上がっていますね。

「どのアイテムもめちゃくちゃカッコ良く作ってくれて。機能的にも、サウナハットとかは実際にサウナ室で被れる仕様で、なおかつサウナ以外で被ってもカッコいいデザインにしてくれました。<ミズグモ>のサンダルは履き心地も最高なので、今はもう毎日履いていますね

──今回のコラボアイテムをどんな人に身に付けてほしいですか?

「キャンプとかテントサウナがアイテム的には合うと思います。僕も車を買って準備は徐々に進めているので、近々テントサウナにチャレンジしてみたいなと。今回のコラボアイテムが好評だったこともあって、ダナーの皆さんは『第2弾もやりたい!』と言ってくれているみたいですし、今後はイベントでテントサウナを出してやれたらっていう企画も出ているみたいなので楽しみです」

『サウナボーイ』に聞いたPOPなサウナのススメ。サウナと相性抜群なダナーとのコラボアイテムも発売!

──サウナボーイとして今後やりたいことはありますか?

サウナボーイは今後も変わらずPOPな感じで、『サウナはこうだ!』みたいに語ることなく、穏やかにやっていこうと思います。あえて言うならば、地元のもともと親戚が住んでいた空き家に、小さめのサウナみたいなのを作ったら面白いかなと。古民家サウナじゃないですけど、『サウナボーイってゆるくやってるのに、ちゃんとサウナ持ってるんだ』みたいなのはありかなって。あとはコロナが落ち着いたらまだ行けていない日本全国のサウナに行きたいですね。水風呂がいいところに行きたいです。水質が良くて、飲めたらなおよし!」

「空前のサウナブーム」と言われて盛り上がっていますが、その中でも“自分らしいスタイルを見つけて楽しむことが大事”ということが、サウナボーイからは伝わってきます。昔ながらのスタイルで近場やお気に入りのサウナを楽しむか、アウトドアの中で開放的にサウナを楽しむかはあなた次第! ぜひサウナをPOPに楽しんでみてください。

interview&text by ラスカル
photo by Kohichi Ogasahara

KEYWORDS
アイテム:
ブランド:
モデル :
パーソン: