0
シューズ

パトリック『アイリス』の物語【パトリック担当者がスニーカーを語る】

2020.8.03
0

パトリック『アイリス』の物語【パトリック担当者がスニーカーを語る】

2020.08.03

スニーカーの数だけ物語がある。また、そのスニーカーを履く人のこだわりが加わると、さらに物語は奥行きあるものになります。
普段から多くのスニーカーに触れている各メーカーの担当者に、お気に入りのスニーカーを聞くと、思いがけないエピソードがこぼれてきました。珠玉のスニーカー、今回はフランス発のシューズブランド『パトリック(PATRICK)』のアイリス<IRIS>です。

2003年春夏シーズンに新登場し、軽く丈夫なカンガルーレザーを使用した人気モデルについて、カメイ・プロアクト株式会社でパトリックのPRを担当する金子さんが語ってくれました。

パトリック『アイリス』の物語【パトリック担当者がスニーカーを語る】

パトリック マーケティング室PR
金子さん

軽さが魅力! カンガルーレザーを使用した人気モデル・パトリック『アイリス』

――『アイリス』はどんなスニーカーですか?

パトリック『アイリス』の物語【パトリック担当者がスニーカーを語る】

カンガルーレザーを使用した軽量モデルとして、2003年春夏シーズンより登場したのがアイリスです。パトリックのヴィンテージカテゴリーの代表モデルとなるよう企画されまして、初期のカラーはホワイトアッパーに2本ライン(レッド系)。ヴィンテージカテゴリーには、同じタイミングで登場したナイロン素材のスタジアム<STADIUM>があり、レザー素材も実現したいという思いから、開発されたのがアイリスだったんです。

パトリック『アイリス』の物語【パトリック担当者がスニーカーを語る】

デザインは、シューズデザイナーの坪内浩氏からご提案いただきました。元々サッカーと深く結びつきがあったパトリックは、以前カンガルーレザーを使用したサッカースパイクモデルを販売していましたが、アイリスの素材選びでも、軽く丈夫なカンガルーレザーを採用した背景があります。軽いレザーを生かすために、ソールも軽量ソールを採用しました。

流行に左右されず、長く愛用できるパトリック『アイリス』

――譲れないお気に入りのポイント、オススメしたいところを教えてください。

パトリック『アイリス』の物語【パトリック担当者がスニーカーを語る】

レザーの質感と軽量であることが一番のお気に入りポイントです! 革自体が非常に柔らかいので足あたりが良く、自分の足に馴染みやすいんです。手に持った瞬間から軽さを実感できますし、軽量な発泡ソールを使用していることもあり、軽くて長時間履いていても疲れにくく感じます。

パトリック『アイリス』の物語【パトリック担当者がスニーカーを語る】

またシルエットがシャープなので、すっきりと見え、カジュアルな中でも上品さを保った着こなしが楽しめます。長く愛用していると、ソールの減りが気になるものですが、ソールの張り替えも可能なので、革自体の風合いも楽しむことができますよ。シンプルなデザインは流行りに左右されず、長く愛用できるモデルです。

シーズンによって、限定カラーや素材を替えたモデルが登場するのも、お気に入りのひとつです。

車の運転にも最適 PR担当が一人で“ニヤニヤ”の理由は…

――『アイリス』のストーリーを教えてください。

パトリック『アイリス』の物語【パトリック担当者がスニーカーを語る】

2003年に発売されたアイリスは、2004~06年は売上トップに躍り出ました。当時、カンガルーレザーを使用したカジュアルシューズはほとんどなく、男性を中心に注目を浴びました。ソールの踵部分の巻き上がりがあるので、車の運転の際に着用される方も多いですね。

高速道路のパーキングで履かれている方を良く見かけることがあり、シューレースを変えて履きこなされている方を見ると、一人でにやけています(笑)。

パトリック『アイリス』の物語【パトリック担当者がスニーカーを語る】

また最近知ったことですが、何人かのプロのミュージシャンの方にもご愛用いただいてます。リズムを取るときにシューズの軽さ、ソールの厚みと踵の巻き上げのバランスが良く、手放せないモデルとおっしゃっていただきました。これは、パトリックに関わっていて自慢できるポイントでもあります。

パトリックのアイテムをチェックする

KEYWORDS
アイテム:

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう

DOOR by ABC-MARTの
最新情報をお届けします。