0

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

2021.05.14

STAY HOME期間が長引き、オシャレを楽しむ機会が減ってしまった人も多いはず。新しい季節に購入したアイテムや、ワードローブに眠らせているお気に入りの洋服やシューズのコーディネートをSNSで発信してみませんか?今回は“シンプル男子”を自称し、ファンも多いインフルエンサーRyota(@___ryt.___)さんに撮影のコツを指南してもらいました。ポーズや構図、ちょっとした撮影道具で、グッとお気に入りが映える写真が撮れるはず!

Ryota
岡山県在住。
フリーランスクリエイター。Instagramでファッション、コスメを中心に発信。
Instagram

コーデをきれいに見せるコツは統一した背景や自然に見えるポージング


フォロワーの方にスタイリングを参照されることも多いというRyotaさん。気をつけていることは全身がしっかり写るようにすることと、極端に上から撮ると足が短く見えたりするため、スマホと自分の位置関係を平行にすることだそう。また、ギャラリーの統一感を出すために常に同じグレーの壁の前で撮り、どのコーデでもセンターに立っています。

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

スタジオのようなグレーの壁と白の床。壁は本物、でも床はスマホのフリーアプリで白く画像編集を行なっているそう。洋服やシューズのデザインもよくわかり、コーデを真似したくなるきれいな仕上がりになっています。また、Ryotaさんは全身コーデはもちろん、全ての写真を自然光で撮影。日が入る時間は部屋によって変わるので、ベスト・ポジションを決め、光の入る時間も把握しておくことも映える写真を撮るポイントと言えるでしょう。

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

ポージングに関しては基本的にポケットに手を入れるか、歩いているような仕草が自然に見せるコツ。横向きのカットではパンツのシワやトップスの弛ませ具合をポケットに入れた手で調整するという工夫も。その際、スマホのシャッターを切るスイッチもポケットで隠れているので、好都合というわけ。シューズとパンツの丈感のベスト・バランスはこうして作られているのでした。

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

着用画像の構図をキメるには見せたいポイントを中央に寄せること


着用画像を撮る際は洋服が見えるように上半身の一部や、手元も写すことで、その人の洋服のセンスや雰囲気も伝えたいというRyotaさん。絶妙なバランスでシューズとパンツ以外も写り込んでいて、日常感のある仕上がりに。でも、座った姿勢で手持ち、俯瞰の画角で撮影するのは慣れが必要だったとか。座るとパンツにシワが寄ったり、裾が広がりがちなので、完全にシワを伸ばしてから撮ったり、パンツの丈がずり上がることを想定してずらして履くなどの工夫も。

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

構図を決めるコツは「ここだけは絶対見せたい」というポイントを画像の中央に寄せること。<スタンスミス(STAN SMITH)>を中心にしたワントーンのコーデでは、シューズを一番目立たせるために中央に配置し、コーデを意識してもらいやすいように背景にパーカーを入れています。同じスタンスミスでもデニムの方は全身のコーデをイメージしやすい構図に。

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

<エアリフト(AIR RIFT)>は俯瞰に近い状態で撮り、バッグを入れてアイテムも含めたコーデがわかる構図。このポーズは初めての人にはなかなか難しいそう。ファインダーを覗きながら、納得のいくバランスを探るほかなさそうです。『ニューバランス(New Balance)』の着用画像は一番見せたいロゴ部分を目立たせるために足を完全に横にして撮るのがポイントです。

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

統一感のあるクリーンな写真に一役買っているのが白バック。Ryotaさんは縦横100センチ程度の白い板を使用。ホームセンターなどで手に入るので、一枚あれば写真の完成度もグッとアップすること必至です。

シューズ以外も入れる時はコーデを考えて配置する


シューズをメインに撮る際のポイントは目立つポイントをしっかり見せること。例えばニューバランスならNのロゴ、エアリフトなら少し変わったソールのデザインが目立つように置くなど。また、シューズ以外も写真に入れる場合はコーディネートから考えて、次にどういう構図にするのかを考えると写真にまとまりが出るようです。

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

シューズに合わせるパンツやカットソーは、畳んで置いた方がまとまり感が出てきれいな写真になるそう。エアリフトの写真はそのテクニックを生かした構図になっています。同じコーデでも、スタンスミスを中心にした写真ではコーデをより具体的にするためにバッグを入れたり、Tシャツのロゴを見せる置き方になっています。写真としてのバランスはもちろん、シューズに合わせたコーデを見せることでコーデ投稿としてのお役立ちポイントもアップ!

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

ニューバランスもシューズのシルエットが最も生きる角度で配置。デニムのみを合わせていますが、アイテム数が少ない場合も余白を持たせることがおしゃれな写真に仕上げるコツだそう。

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

アイテム情報がよくわかる文字入れ投稿でいいね!が10倍に?

インスタグラマーRyotaさんに聞くSNS映えするスニーカー・コーディネートの撮り方&いいね!を集めるInstagramのコツ

──SNSでより多くの人に見てもらうために意識していることはありますか?

“映える”ということで言えば、自然光で撮ることでしょうか。見たままの色が出ますし、仕上がりがきれいですね。あとはギャラリーで見たときの統一感を意識して、基本的に白かグレーの背景しか使っていないんです。

──よく見られている投稿の特徴はありますか?

最近は文字入れ投稿もやっています。コーディネートの投稿は既存のフォロワーさん向けで、文字入れ投稿はどちらかと言えば外に向けて発信しているのですが、一枚絵より10倍以上もいいね!が付いたり、保存されることが多いので、情報を重視する方が増えてきたのかなと思いますね。

──テキスト部分ではハッシュタグの数など、こだわっていることはありますか?

投稿に関連性のあるタグのみを付けるようにしてますね。ハッシュタグは30個まで付けられると思うのですが、そんなに付けることがないなと思ったら、無理に付けないようにしています。

──シューズの名前とブランド名など、必要最低限の情報ですね。

シンプルなコーディネートや服が好きなので、インスタの見せ方も極力、シンプルにしてますね。

──Ryotaさんはどれぐらいの頻度でコーデを投稿してるんですか?

2日に一回程度ですが、毎日のように好きなインスタグラマーさんや、Pinterest(ピンタレスト)で海外のスナップを見たりしてアイデアを得ています。ひたすら色々な写真を見て、好きなコーデや撮り方のネタを蓄積しています。

シンプルなアイテムを絶妙なバランスで組み合わせるRyotaさん。インスタグラムでは2年ほど試行錯誤してきたそうですが、今や全身コーデもアイテム紹介も真似したい素敵な写真が満載。皆さんもご自分の好みを吟味して、グッド・センスなコーディネート投稿を楽しんでみてくださいね!

interview&text by 石角友香
photo by Ryota

KEYWORDS
アイテム:
パーソン: